地球を呑む

世の中すべてへの復讐を企てる謎の美女ゼフィルスと、その美貌の虜になって操られる男たちが引き起こす陰謀に、無類の飲んだくれ男の関五本松が行き当たりばったりで巻き込まれていく姿を描く冒険活劇。「ビッグコミック」1968年4月号から1969年7月25日号まで掲載された作品。

正式名称
地球を呑む
作者
ジャンル
アドベンチャー
レーベル
手塚治虫漫画全集(講談社)
巻数
全2巻
関連商品
Amazon 楽天

あらすじ

第1巻

昭和17年8月、関五本松安達原は、ガダルカナル島で捕縛した捕虜にゼフィルスと呼ばれる女性の写真を見せられてからというもの、彼女の虜になってしまう。戦争が終わり、20年という年月が経ってもその想いが消える事はなく、五本松と安達原はゼフィルスの消息を探していた。すると、五本松は日本のホテルでゼフィルスの娘の一人ミルダ・ゼフィルスに遭遇。ミルダは「LSD」という幻覚剤を酒に混入させ、持ち前の美貌で五本松を誘惑して殺そうとするが、五本松は何とかこの窮地を脱する。命の危機があると判断した五本松は、彼女の調査を中止しようとするが、安達原がこれを許さない。結果、五本松は彼女の素性をより詳しく知るべく、マムウ共和国を訪れると、さらなる危機に直面する。一方、ゼフィルスと名乗る七人の姉妹達は、男によって人生を狂わされて死に至った母親ゼフィルスの三つの遺言に従い、世界に復讐しようとしていた。しかし、五本松を殺し損ねたうえ、彼に恋をしたミルダは、ゼフィルスの遺言の一つである「男に復讐する」という約束を破り、ほかの姉妹達に不信感を持たれる。

第2巻

モンテ・クリトスが開発した人工皮膚デルモイドZは、罪人や殺し屋が簡単に他人になりすませるため、大きな社会問題となっていた。人工皮膚デルモイドZの使用を法律で禁止しようとしたが、すでにそれは叶わない状況だった。こうしてゼフィルスの遺言の一つである「世界中の道徳や法律を混乱させる」は奇しくも果たされる事となる。遺言の残る一つである「お金を滅ぼす」を完遂させるため、ゼフィルスの娘達は世界中に金塊をばら撒く事を計画する。しかし、これを阻止しようと考えるモンテとミルダ・ゼフィルスは、マムウ共和国を脱出して日本へ戻って来た関五本松に協力を求める。そんな中、ついにマムウ共和国秘蔵の金塊が世界中にばら撒かれ、世界はさらに混乱状態になっていく。これにより紙幣が価値を失った東京では、人口が一気に減少してしまう。五本松はミルダと共に酒を売って生活をしていたが、姉妹達によって殺され、ミルダはマムウ共和国に連れ戻されてしまう。そして月日が流れ、マムウ共和国を訪れた五本松とミルダの二人のあいだに授かった息子・関六本松は、ミルダを連れ出し、マムウ共和国を壊滅させる計画を立てる。

登場人物・キャラクター

主人公

なによりを酒を愛する無類の飲んだくれ。あまり物欲がなく、日雇いの仕事で稼いだ金のほとんどを父親に渡し、細やかな小遣いで毎日酒を飲む気ままな暮らしを送っている。安達原からの依頼を受けてゼフィルスを探るう... 関連ページ:関 五本松

夫に騙されて父親を失った女性。彼女の夫は、第二次世界大戦中にヒトラー政権に協力するため、科学者だった彼女の父親に近づく手段としてゼフィルスと結婚したのだった。父親の死後、7人の娘を連れて姿を消した。自... 関連ページ:ゼフィルス

関 市松

関五本松の父親。第二次世界大戦中、脱走した捕虜から渡されたゼフィルスの写真を見て心を奪われた。戦争後は身を持ち崩し、その日暮らしを送っている。今でもゼフィルスを忘れられずにおり、妻には逃げられてしまった。ゼフィルスが日本に現れたと安達原から聞かされ、調査のために五本松を貸し出した。

安達原

関市松と共に、捕虜から渡されたゼフィルスの写真を見て以来、彼女に囚われている男性。戦争後は自らが経営する安達原コンツェルンを、日本の五大企業体のひとつにまでに成長させた。取引先からゼフィルスと名乗る女が日本にいるという情報を得て、市松に相談して彼の息子である関五本松に調査をさせる。

安達原 ナナ

安達原の娘で、アマチュアカメラマン。父親に頼まれて、ゼフィルスを探る関五本松の監視をしていた。野末風太郎とは異母兄妹だが、芸者に生ませた子供である風太郎を嘲っていた。世界経済の混乱が原因で父親が破産しかけた際には風太郎に助けて欲しいと懇願し、代償として肉体を要求される。

安達原の会社に、人工皮膚デルモイドZを持ち込んだ科学者。正体を明かさないことを条件に、人工皮膚デルモイドZの特許権利を無償で譲ると申し出た。自分自身も人工皮膚デルモイドZを常に身にまとっており、素顔を... 関連ページ:モンテ・クリトス

ブリード財団の会長。5千億ドルの財産を持つ、世界有数の大金持ち。ゼフィルスと出会い、すっかり魅了されてしまう。伝説のムウ大帝国の末裔だと主張するゼフィルスが、証拠として渡した調度品が純金であると知り、... 関連ページ:H・H・ブリード

ダンウィッチ

ゼフィルスの部下。マムウ共和国の殺し屋。ゼフィルスに命じられ、マムウ共和国に捕らえられていた関五本松を始末しようとして返り討ちにあった。逃げ出した五本松を殺すため、五本松が流れ着いた太平洋の小島にまで追いかけていく。

ミルダ・ゼフィルス

ゼフィルスの7人の娘の一人。ゼフィルスの娘たちを代表して日本に来ていた。自分を探る関五本松を始末しようとしたが、魅力が通じない五本松に心を乱され、戸惑いながらも魅かれていく。ゼフィルスの陰謀とその正体を知った五本松を殺そうとする姉妹から五本松をかばったため、裏切り者として処罰される。

マムウ共和国から逃げ出した関五本松が流れ着いた、太平洋上の小島にある村の村長。村にある酒を飲んでしまった五本松を殺そうとしたが、五本松が逃亡に使った飛行機を差し出され、村に受け入れる。村にはお金がなく... 関連ページ:村長

安達原コンツェルンの研究所で働いている。東京大学を卒業し助教授になった自分に誇りを持っており、プライドが高い。同郷のよしみで俵了二を下宿に住まわせているが、奇妙な敵意を感じ取っており、冷戦状態になって... 関連ページ:大泉 京介

同じ福岡出身というよしみで、大泉京介の下宿に居候している。人工皮膚デルモイドZ専門のクリーニング店で働いており、助教授であることを鼻にかける京介に見下されている。人工皮膚デルモイドZの配達先でモンテ・... 関連ページ:俵 了二

人工皮膚デルモイドZを身に着けて顔を隠し、殺人を請け負っている殺し屋。内輪もめで仲間を殺してしまい、行方をくらますために故郷へと帰る。替え玉として置いてきた、自分の顔の人工皮膚を被せた偽物のチャーリイ... 関連ページ:チャーリイ

石油井戸のある小島で、一人きりで暮らす青年。石油はすっかり枯れてしまい、今では一滴も湧かなくなっている。父親は失意のうちに10年前この世を去った。また元のように石油を噴出させてみせるという野望を持ち、... 関連ページ:ヘンリー・オネガー

リーザ・ゼフィルス

ゼフィルスの7人の娘の一人。ヘンリー・オネガーが掘り当てた金を調査するため家に訪ねていき、ひと目で魅かれあう。ゼフィルスの娘たちは、金塊を世界中にばらまいて金の価値を暴落させ、世界経済を混乱させる企みを持っていたため、ヘンリーに金を持っていても無駄だと忠告する。

エール市立病院に勤める精神科の医師。ゼフィルスの企みにより国際経済が破たんし、財産を一夜で失い精神のバランスを崩した人々が急増したため、次々と新しい患者が運ばれてきてパンク状態になっているのを憂慮して... 関連ページ:マナベ

ジャネット・バルーン

マナベの勤務するエール市立病院に入院している女性。健忘性失語症を患っており、なにもかも忘れて言葉を話すことができない。懸命に治療してくれるマナベを信頼し慕っている。病気の原因となった心の傷を探るため、自分の脳波とマナベの脳波を交流させるという危険な治療法を受け入れる。

一等陸佐の青年。安達原が惚れた芸者が嫌がっていたにも関わらず、金の力で強引にものにした結果生まれたため、安達原ナナとは異母兄妹ながら「金が生ませた子」と蔑まれていた。世界経済が破たんした後は立場が逆転... 関連ページ:野末 風太郎

関 六本松

関五本松とミルダ・ゼフィルスの息子。ゼフィルスの娘たちが巡らした陰謀により変貌した後の世界で、船長として世界の海を股にかけている。やや粗暴な面があり、ゼフィルスの娘たちに危険視されている。五本松によく似ており、かなりの酒飲み。

その他キーワード

人工皮膚デルモイドZ

ゼフィルスの陰謀を実現するためにモンテ・クリトスが開発した、合成樹脂で作られた人工皮膚。毛穴のひとつひとつまで緻密に再現されている。簡単に他人に変身できるため、犯罪者が野放しにされ世界の秩序を崩壊させる一助となった。

書誌情報

地球を呑む 全2巻 講談社〈手塚治虫漫画全集〉 完結

第1巻

(1982年11月発行、 978-4061732599)

第2巻

(1982年12月発行、 978-4061732605)

SHARE
EC
Amazon
無料で読む
マンガリスト
logo