墓所の主

風の谷のナウシカ(漫画)に登場する物体。読みは「ぼしょのぬし」。

  • 墓所の主
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
風の谷のナウシカ(漫画)
正式名称
墓所の主
ふりがな
ぼしょのぬし

総合スレッド

墓所の主(風の谷のナウシカ)の総合スレッド
2016.01.25 12:38

概要

古代文字で覆われた巨大で丸い肉塊。旧世界の知識を文書の形で冬至と夏至に1文ずつ、その表面に示す。人間の精神に直接話かけることも。旧世界の技術の一部を与える見返りに、歴代の権力者を従えてきた。この関係を拒否したナウシカヴ王の抹殺を図るが、人類の卵もろともオーマに破壊される。

その体液の成分は王蟲と同じだった。

登場人物・キャラクター

トルメキア王。3皇子と皇女クシャナの父。子供らを王位の簒奪者としてしか見ておらず、幼いクシャナに毒を飲ませようとしたこともある。聖都シュワで神聖皇帝らと同じく不老不死になることを願う。3皇子らの軍が敗...

関連キーワード

『風の谷のナウシカ』に登場する都市。土鬼諸侯国連合帝国の首都。シュワの墓所を中心に発展している。
『風の谷のナウシカ』の国家。内海をはさんでトルメキア王国と対峙する連合国家。土鬼と呼ばれる民族の51の小国を束ね、僧侶の集団である僧会を行政の中枢機構とする。旧世界の技術を伝えるシュワの墓所を擁し、テ...

登場作品

現代を遥かにしのぐ文明が火の7日間によって崩壊してから1000年近く経った世界。人々は旧世界が残したテクノロジーを発掘し、船と呼ぶ多様な航空機を操って暮らしている。だが火の7日間後に広がり始めた猛毒の...