墨村 正守

墨村 正守

結界師(漫画)の登場人物。読みは「すみむら まさもり」。別称、正守。墨村良守とは親族関係にある。

登場作品
結界師(漫画)
正式名称
墨村 正守
ふりがな
すみむら まさもり
別称
正守
関連商品
Amazon 楽天

概要

墨村家の長男。良守の7つ上。坊主頭にあご髭、額に三日月型の傷がある。頭が良く、能力も高いが、なぜか身体に方印が出なかったため、正統後継者にはなれなかった。正統後継者である良守に対してコンプレックスを抱いているが、時折兄としての気遣いも見せる。現在実家には帰らず、裏会実行部隊・夜行を立ち上げ、頭領として働いている。

面倒見はよく、夜行のメンバーからは信頼され、慕われている。周囲の様子を探るときは、相棒の「黒姫」という黒いコイを呼び出す。良守には使えない絶界という強力な技も持っている。

関連人物・キャラクター

墨村良守

烏森学園中等部2年の黒髪の少年。結界師・墨村家22代目(予定)。三人兄弟の次男。夜は、同じ結界師である幼なじみの雪村時音とともに、斑尾とコンビを組んで結界師として烏森のパトロールをし、学校ではほとんど... 関連ページ:墨村良守

関連キーワード

裏会

『結界師』に登場する団体。異能者の異能者による異能者のための自治組織。地域ごとの異能者の取りまとめ、妖怪や霊の起こす闇の事件の取り扱いを行う。異能者本人に裏会への所属の意思がなくても、居住地域の裏会の... 関連ページ:裏会

夜行

『結界師』に登場する集団。裏会が扱う事件の調査・解決を実行するために、異能者を集めた実行部隊。主に戦闘能力、情報収集・分析能力、治癒能力のある異能者をメンバーとする。墨村正守が創設し、現在頭領として働... 関連ページ:夜行

登場作品

結界師

烏森の地は多くの妖怪や霊を引き寄せてしまうため、妖怪退治を家業とする結界師によって400年間維持・管理されていた。この土地に建つ私立烏森学園に通う中学2年の結界師の少年墨村良守は、毎晩学校での妖怪退治... 関連ページ:結界師

SHARE
EC
Amazon
logo