夏のおわりのト短調

夏のおわりのト短調

両親の海外出張によって、3年間叔母矢島蔦子の家で暮らすことになった袂。理想の家族に見えた矢島家は、その実崩壊の一歩手前まで来ていた。真っ直ぐな少女袂の目線で仮面家族の真実を見据えると共に、袂自身の想いに向き合う家族と青春を描いた作品。

正式名称
夏のおわりのト短調
作者
ジャンル
青春
レーベル
白泉社文庫(白泉社)
巻数
全1巻
関連商品
Amazon 楽天

概要

両親の海外出張によって、3年間叔母矢島蔦子の家で暮らすことになった高校三年生の。受験を控えて行く先に不安を抱えるは、聡明な叔母と矢島家の西洋館で暮らせることを楽しみにしていた。しかし矢島家の実態は、の想像していたような美しいものではなかった。

登場人物・キャラクター

高校三年生の女子。両親の海外出張により、叔母である矢島蔦子の家に居候することになった。国文学科志望で、将来の夢は教師。豆腐屋の同級生二平に淡い想いを寄せている。

矢島 蔦子

袂の母親の妹で、叔母にあたる。完璧主義の、行き過ぎた教育ママ。ノイローゼ気味な兆候があり、袂が家に居候するようになって以来、悪化していく。

矢島 力

袂のいとこにあたる男子。名門A大に通う大学1年生。中学生まではガキ大将だったが、高校に入ってからは態度が変わり、急に天才となった。家庭内では落ち着いた優等生的な態度で過ごしているが、夜は地下クラブで幻覚剤を常用し、遊んでいる。実は養子。

矢島 ますみ

袂のいとこにあたる男子。小学2年生。大人びた子供で、束縛の強い母親矢島蔦子を安心させるために、塾におとなしく通っている。実は養子。

矢島 秋彦

袂の叔父。矢島蔦子の夫。家庭では紳士然とした態度で良き父親として振舞っているが、浮気をしていた。浮気相手から妻蔦子も誰かを想っていると言われた。

二平

袂の同級生。高校三年生男子。家業の豆腐屋を継ぐため、受験勉強はしていない。袂は彼が本当は受験をしたいのではないかと考えている。

書誌情報

夏のおわりのト短調 全1巻 白泉社〈白泉社文庫〉 完結

第1巻

(1995年6月発行、 978-4592883517)

SHARE
EC
Amazon
logo