夢の温度

夢の温度

中学2年生の竹田はるは高校生の兄、竹田あきが好き。しかし、学校で告白され岩倉とつきあうことに。あきは学校の先生、原町子とつきあいはじめる。

概要

中学2年生の竹田はるは高校生の兄、竹田あきが好き。しかし、学校で告白され岩倉とつきあうことに。まわりに冷やかされながらも、つきあいは続く。一方、あきは学校の先生、原町子とつきあいはじめる。卒業目前に町子とあきの関係がばれかけるが、あきは無事に卒業する。やがてはるあきもまわりの友人たちも、それぞれの進路に向かっていくのだった。

登場人物・キャラクター

竹田 はる

登場時は中学2年生。人気者でかっこいい高校生の兄、竹田あきのことが好きであったが、岩倉とつきあいはじめる。小説を書くのが趣味。

竹田 あき

竹田はるの兄で高校生。遅刻を繰り返し担任の原町子に心配される。原町子とつきあうことになる。

岩倉 惣治

竹田はると同級生で背が高い男の子。はるに告白し、一度ふられたが、その後つきあうことに。柔道部に入っている。坊主頭だが、実は天然パーマ。姉が3人いる。

山本

竹田はるの友だちの女子中学生。はるが岩倉に告白された後、はる、岩倉とその友人、仁弥と一緒に帰るようになり、仁弥に思いを寄せるが、ふられる。

仁弥

岩倉の友人。山本に告白され、きまずくなり、岩倉やはると一緒に下校するのをやめる。

弓子おばさん

竹田はるのおばで専業主婦。一緒に買い物にいったりする仲。

田中 香

岩倉の幼なじみで、同じ中学校の違うクラスの女子。岩倉が好き。他人に厳しく、思ったことをすぐ口にするので、まわりに敬遠されている。

原 町子

高校の数学教師で竹田あきの担任。変わった母を持ち、29歳で処女。竹田あきとつきあっている。兄がいる。

光延 はじめ

竹田あきの友だち。家業は建築会社。たばこを吸ったり、学校をサボったりする。友だち思い。

裕子

竹田あきの同級生で光延の彼女。竹田あきが好きだったが光延とつきあい出す。けんかして別れてしまい、森山とつきあう。でも本心では光延が好き。

坂田

竹田はるの同級生の女子中学生。スカートめくりをしたり、言葉をすぐエロに変換するので「エロ坂田」とも呼ばれる。いつも上機嫌。実は高根よりも成績がいい。

高根

竹田はるの同級生の女子中学生。母は看護師。割と成績がいい。自分の成績はオープンにしている。胴回りの細い人間を憎んでいる。

森山

裕子の彼氏。ロマンチストで独りよがりではあるが、裕子のことをちゃんと好いている。

町子の母

原町子の母。常に娘を監視し、小言を言い続ける。町子と竹田あきとのつきあいを邪魔する。

書誌情報

夢の温度 全1巻 宝島社〈ワンダーランドコミックス〉 完結

第1巻

(1999年7月発行、 978-4796615389)

SHARE
EC
Amazon
logo