青い花

青い花

江ノ電沿線にある違う高校に通っている主人公・万城目ふみと奥平あきらを中心に、女性同士の恋愛と友情、さらには男女の恋愛をも描く。

正式名称
青い花
作者
ジャンル
恋愛一般
レーベル
F×comics(太田出版)
巻数
全8巻
関連商品
Amazon 楽天

概要

松岡女子高等学校に入学した万城目ふみは、幼なじみで藤が谷女学院高等部に通う奥平あきらと10年ぶりの再会を果たす。2人は一緒に登校するなど仲良く時を過ごすが、一方でふみは高校の先輩・杉本恭己と付き合い始める。これを発端に、ふみを中心としながら、様々な思いが交錯する女性同士の恋愛が始まる。

登場人物・キャラクター

主人公

172cmという長身と眼鏡、黒髪のロングヘアが特徴の少女。幼少のころ鎌倉に住んでおり、松岡女子高等学校入学を機に戻ってきた。奥平あきらとは幼なじみの関係で、高校入学のタイミングで再会した。あきらからは... 関連ページ:万城目 ふみ

鎌倉にある藤が谷女学院高等部に通う少女。万城目ふみとは幼なじみの関係。通う高校は違うものの、通学時の電車で偶然にも再会した。幼少のころはふみよりも背が高かったが、現在はクラス内でも小柄な体型。しっかり... 関連ページ:奥平 あきら

杉本 恭己

万城目ふみの2学年上の先輩。藤が谷女学院中等部から高等部に進学していたが、2年次に松岡女子高等学校に編入してきた。身長はふみよりもさらに高い。勉強の成績が良く、スポーツもできることもあり女子生徒からの人気がある。かつて万城目ふみと交際していたが数か月で破局した。

井汲 京子

藤が谷女学院高等部に通う少女。中等部からそのまま進学してきた。高等部1年の時に奥平あきらの隣の席になったことがきっかけで友人になる。また、あきらと同じく演劇部に所属している。中等部時代から杉本恭己に好意を抱いているが、自身には許嫁がいるため思い悩んでいる。

本厚木 洋子

万城目ふみの同級生で、演劇部に所属する。同じ演劇部の茂木美和、安田美沙子とは中学時代からの友人でポンちゃんの愛称で親しまれている。よく3人組で行動しており、その中でもリーダー的存在。運動神経がよく、体育祭ではリレーのメンバーにも選ばれる。肩で切り揃えたボブヘアが特徴。

茂木 美和

松岡女子高等学校に通う少女。演劇部に所属する万城目ふみの同級生。ふみと交流するうちに奥平あきらと知り合い、さらにあきらの兄である奥平忍とも顔見知りになる。その後忍と付き合いはじめる。おっとりとした性格で、ウェーブのかかったふわふわした髪が特徴。

安田 美沙子

松岡女子高等学校に通う少女。万城目ふみの同級生で、演劇部の部長を務める。同じ演劇部に所属する本厚木洋子、茂木美和とは特に仲が良く、いつも3人組で行動している。さばさばした性格だが、涙もろく、時には悲観的な一面も見せる。太い眉毛と、くせっ毛のショートヘアが特徴。

上田 良子

藤が谷女学院高等部に通う少女。奥平あきらとは2年生の時に同じクラスとなった。もの静かでおっとりとした性格で、多少のことでは動揺しない。図書部に所属しているが、演劇部の舞台に出演することもあり、そつなく芝居をこなす。身長が高く、黒髪のロングヘアをおさげにしている。

大野 春花

藤が谷女学院高等部に通う少女。奥平あきらの1学年下の後輩に当たる。明るい性格で、他校の友人も多い。なんでもすぐ口に出すため、思わぬところで他人を傷つける場面もある。あきらや井汲京子といった先輩に憧れて演劇部に入部した。同性愛への理解は低く、周囲との恋愛観の違いに戸惑うこともある。

奥平 忍

奥平あきらの兄で大学2年生になる青年。あきらの世話を焼きたがる傾向にあるが、やり過ぎな面が多々あり、あきらから避けられることも少なくない。あきらの友人である茂木美和に告白され、付き合うことになる。

集団・組織

松岡女子高等学校

『青い花』の舞台となる高校。江ノ電沿線にある女子校で、万城目ふみや杉本恭己らが在学。偏差値の高い進学校。卒業後に海外へ留学する学生も一定数いる。学生は制服として、主に紺色のブレザーを着用。学内には演劇部、文芸部などがあるが、演劇部は部員不足に悩んでおり、後に同好会へと格下げされた。

アニメ

青い花 Sweet Blue Flowers

高校入学を機に、家族と共に生まれ育った鎌倉に帰ってきた万城目ふみは、入学式の日にチカンから助けてもらうという形で、幼なじみの奥平あきらと十年ぶりの再会をはたす。恋人関係にあった年上の従姉の結婚を知り、... 関連ページ:青い花 Sweet Blue Flowers

書誌情報

青い花 全8巻 太田出版〈F×comics〉 完結

第1巻

(2006年1月発行、 978-4778320058)

第2巻

(2006年12月発行、 978-4778320324)

第3巻

(2008年4月発行、 978-4778320539)

第4巻

(2009年5月発行、 978-4778320843)

第5巻

(2010年3月発行、 978-4778321086)

第6巻

(2011年5月発行、 978-4778321413)

第7巻

(2012年8月発行、 978-4778321703)

第8巻

(2013年9月発行、 978-4778322090)

SHARE
EC
Amazon
logo