大地の剣

大地の剣

ピグマリオ(漫画)、大地の女神ユリアナの剣。読みは「だいちのつるぎ」。

登場作品
ピグマリオ(漫画)
正式名称
大地の剣
ふりがな
だいちのつるぎ
関連商品
Amazon 楽天

概要

火の神ペレの作。ユリアナの巨体に見合った大きさで、優に数十メートルはあるため、普通に扱える人間は存在しない。ガラティアの子ということでクルトに譲られた。いつもは小さく、軽くなっているが、善神アガナードと大地の女神ユリアナの名においてクルトが命じることで、元の巨大な剣や、手頃な戦いの剣に変化する。

一度メデューサに斬りかかって折られたが、火の神ペレの手で打ち直された。最後のメデューサとの戦いではピグマリオの剣となった。

登場作品

ピグマリオ

まだ神々が人々の目に見えて導いていた時代。ルーン国の王子クルトは、母親の顔を知らず育ったが、それはかつてこの国をメデューサが襲いクルトの母が石に変えられてしまったためであった。この真実を知ったクルトは... 関連ページ:ピグマリオ

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

登場作品
ピグマリオ
logo