大道魔術師 少年ピエロ

大道魔術師 少年ピエロ

さまざまな人を笑顔にする大道芸をしながら、旅をする少年ピエロの姿を描く少年漫画。現実にある大道芸が各エピソードに登場し、その中に大道魔術という不思議な魔法がミックスされている。大道魔術の中には、ファンタジー寄りの魔法が登場することもある。

正式名称
大道魔術師 少年ピエロ
作者
ジャンル
その他職業・ビジネス
レーベル
てんとう虫コミックス(小学館)
巻数
全3巻
関連商品
Amazon 楽天

概要・あらすじ

少年ピエロ(ピエロくん)は、大道芸の力を大きくアップさせてくれる魔法のメイクを使う一族の一人。大道芸を通じてサイジョーくん鈴鈴をはじめとするさまざまな人に出会い、彼らを笑顔にしながら旅を続けている。ピエロくんは旅の中で魔法のメイクや大道芸を悪用するゼロボスに出会うが、そんな彼らに対しても、大道芸を通じて「芸のあり方」を伝えようと奮闘する。

登場人物・キャラクター

少年ピエロ

大道芸をしながら旅をする一族に生まれた少年。大道芸のレベルは極めて高く、魔法のメイクがなくてもお客さんを十分に満足させることができる。大道芸ならどんな悲しいことも笑いに変えることができると信じており、悲しそうにしている人を放っておけない性格。

元々は家庭教師をしていた男性。スパルタ式の授業で子供たちから笑顔を奪っていたため、見かねた少年ピエロ(ピエロくん)に、大道魔術で小さな人形にされてしまう。人形になってからはピエロくんと行動を共にし、は... 関連ページ:サイジョーくん

鈴鈴

中国雑技団で鍛えられた芸を披露する少女。日本で中国雑技こそ一番の芸であることを証明しようとするが、少年ピエロ(ピエロくん)に会ってからは「芸」に対する価値観が変わっていく。惚れっぽい性格で、ピエロくんに出会ってからは彼を追い掛け回すことになる。

ゼロ

少年ピエロ(ピエロくん)の双子の兄で、ピエロくんと同じ大道芸をする一族出身。ピエロくんとは対照的に人の笑顔を嫌い、魔法のメイクで得られる力を使って人々から笑顔を奪っている。本来は優しい性格だが、妹のキャロが綱渡りに失敗して病院に運ばれた時も、大道芸をやめなかった一族やピエロくんを許せずにいる。

マギ

少年ピエロ(ピエロくん)と同じ大道芸をする一族の一人。ピエロくんにとっては先輩のような人物で、新しい魔法のメイクを教えるなど面倒見のいいところがある。行動派で、大道芸や大道魔術の評判が悪くなった時には、一芝居打って楽しさを取り戻そうとした。

キャロ

少年ピエロとゼロの妹。2人の兄が大好きで、いつも元気に引っ張りまわすような存在。大道芸の腕はまだまだで、魔法のメイクのレベルも未熟である。自分に大道芸の力があるのか知りたくなり、綱渡りをしようと挑戦するが落下してケガをしてしまう。

闇のサーカス団長

大道芸や奇術のレベルが高い子供たちをさらい、自分たちのサーカスで奴隷のように働かせるサーカス団の団長。性格は極悪で、大道芸を利用して金儲けすることしか考えていない。少年ピエロを捕まえて働かせようとするが、彼の大道芸で反対にこらしめられる。

ボス

魔法のメイクを使って世界を支配しようとする男性。メイクの技術は一流で、大道芸のレベルも非常に高い。その正体は、少年ピエロ(ピエロくん)たちの一族のトップであるマスター。かつて優しくメイクや大道芸を教えてくれた面影はなく、ピエロくんと大道芸対決する時には冷徹非道な手段を使う。

その他キーワード

魔法のメイク

少年ピエロやゼロたちが使うことのできる特殊なメイク。魔法のメイクを施すことで、本人が持つ大道芸のレベルを底上げできる。また、大道芸が下手な人でも一定のレベルまで引き上げてくれるが、使いすぎると生命の危機につながる。メイクにもレベルがあり、普通のメイクから特殊な力を引き出すものなど幅広く存在する。

大道魔術

魔法のメイクを施すことで発揮される魔法に近い力。普通の大道芸と違い、通常では考えられないような奇術を披露することができる。人を笑顔にするだけでなく、笑顔を奪ったりカードに人を封印したりするなど悪事に使われることもある。

書誌情報

大道魔術師少年ピエロ 全3巻 小学館〈てんとう虫コミックス〉 完結

第1巻

(2000年4月発行、 978-4091427410)

第2巻

(2001年6月発行、 978-4091427427)

第3巻

(2002年9月28日発行、 978-4091427434)

SHARE
EC
Amazon
logo