天外 作右衛門

天外 作右衛門

奇子(あやこ)(漫画)の登場人物。読みは「てんげ さくえもん」。

登場作品
奇子(あやこ)(漫画)
正式名称
天外 作右衛門
ふりがな
てんげ さくえもん
関連商品
Amazon 楽天

概要

400年の歴史を持つ旧家天外家家長。女好きで長男天外市郎の嫁天外すえを、財産を相続する見返りとして自分のものにする。その結果生まれた天外奇子を、自分の末娘として溺愛するが、その幽閉に当たっては家名を優先する天外市郎に逆らえず、しだいに実権を失っていく。天外家の使用人として働いているお涼も、天外作右衛門がよその女に生ませた子どもである。

関連キーワード

天外家

400年の歴史を持つ青森県の素封家。家長を絶対とする封建的な日本の旧家。戦後の農地改正で多くの土地を失い、没落の道を辿りつつある。天外仁朗の殺人を家名を重んじて隠蔽、目撃者である天外奇子の幽閉を、一族が一同に会した場で決定する。

登場作品

奇子(あやこ)

家名を重んじる一族に、口封じのため土蔵に幽閉された少女天外奇子。色欲、金銭欲にまみれた男たちとそれに抗えない女たちをよそに、少女は美しく成長していく。実際に起きた下山事件や「赤狩り」を下敷きに、第二次... 関連ページ:奇子(あやこ)

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

関連人物・キャラクター
天外 奇子
天外 仁朗
天外 市朗
場所
logo