太乙真人

太乙真人

殷周伝説 太公望伝記(漫画)の登場人物。読みは「たいいつしんじん」。

登場作品
殷周伝説 太公望伝記(漫画)
正式名称
太乙真人
ふりがな
たいいつしんじん
関連商品
Amazon 楽天

概要

崑崙山で修行する著名な道子で、呂尚の師匠。また、李靖将軍の三男に哪吒と名付け、後に哪吒の師匠となった。

登場作品

殷周伝説 太公望伝記

舞台は紀元前の中国大陸。夏が滅亡し殷の時代が始まりを告げた。600年後、殷の第30代王・帝乙に、後の紂王が生まれる。帝乙が死に、跡を継いだ紂王は悪霊に乗り移られた妲己と出会い、殷を崩壊の道へと歩ませる... 関連ページ:殷周伝説 太公望伝記

SHARE
EC
Amazon
logo