殷周伝説 太公望伝記

殷周伝説 太公望伝記

紀元前の中国を舞台に、殷末期から周の建国までを描いた歴史物語。中国の伝奇小説『封神演義』などを題材にした作品。横山光輝の遺作となる。

正式名称
殷周伝説 太公望伝記
作者
ジャンル
歴史もの一般
レーベル
Kibo comics(潮出版)
関連商品
Amazon 楽天

概要

舞台は紀元前の中国大陸。夏が滅亡しの時代が始まりを告げた。600年後、の第30代王・帝乙に、後の紂王が生まれる。帝乙が死に、跡を継いだ紂王は悪霊に乗り移られた妲己と出会い、を崩壊の道へと歩ませるのだった。

登場人物・キャラクター

主人公

帝乙の第三皇子。父親の後を継いで殷の第31代王となる。文武両道に優れているが、血の気が多く平和な日々を退屈だと思う。ある日、殷を悪霊から守っている神、如媧御前の像を見てその美しさに魅せられ、自分の側室... 関連ページ:紂王

紂王の父で、殷の第30代王。期待を受ける紂王を後継者に決めるが、才能を持て余した紂王は太平の世に退屈を感じるのではないかと案じていた。歴史上の実在の人物とされる帝乙がモデル。 関連ページ:帝乙

蘇護の娘で、紂王の元に后妃として差し出された美女。本来は心優しい性格だったが、紂王のもとに向かう途中、妖怪が出るという庁堂に泊ったところで悪霊に憑依されて、恐ろしい性格に変わってしまう。その後、紂王を... 関連ページ:妲己

紂王の妻。暴君の一途を辿る紂王をいさめようとするが、皇后の座を狙う妲己の罠にはまり、無実ながら謀反の罪をきせられる。拷問にかけられることになり、嘘の自白をすすめられるが、それを拒否。拷問の末、命を落と... 関連ページ:姜皇后

妲己の父親で冀州候。清廉で剛直な性格で、紂王の側に仕える費仲らに賄賂を出さない。そのことに腹を立てた費仲の策略により、紂王から娘の妲己を后妃として差し出すようにいわれるがそれを拒否。紂王に愛想を尽かし... 関連ページ:蘇護

終南山の道士。ある日、宮殿に宿った邪悪な霊を取り除くために紂王の元へやって来て、魔除けの宝剣を置いていく。 関連ページ:雲 中子

武将。7代200年に渡り殷朝に仕えてきた家柄に生まれる。武術に優れ、人望がある。紂王に仕えながらも、その暴君ぶりに疑問を抱いている。処刑されそうになった殷郊、殷洪兄弟を陰で助け、姫昌の逃亡を助け、周建... 関連ページ:黄 飛虎

宰相。紂王の父の帝乙に仕え、聞仲太師とともに紂王の教育係を任される。紂王をいさめようとした上太夫の梅伯が処刑のために捕らわれたことに呆然とし、紂王が暴君と化したことを嘆く。このまま朝廷にとどまり殷が崩... 関連ページ:商容

皇太子。父が紂王で母が姜皇后。嘘の証言をして母の姜皇后に無実の罪をおわせた刺客、姜環を咄嗟に殺してしまう。母を陥れた妲己を殺す決意をしたところ、父の紂王は、殷郊が自分を殺しに来ると勘違いし、謀反人とし... 関連ページ:殷郊

父が紂王で母が姜皇后。皇太子の殷郊の弟。兄とともに母を陥れた妲己を殺す決意をしたところ、父の紂王は、彼らが自分を殺しに来ると勘違いし、謀反人として追われることになる。逃げ切れず捕まり、処刑されそうにな... 関連ページ:殷 洪

副宰相。紂王の叔父にあたり、帝乙より紂王の教育係を命じられた。謀反人として処刑されようとしていた皇太子の殷郊と弟の殷洪を救う。ある日、町で殺人の容疑をかけられた呂尚と出会い、紂王の元へ連れて帰る。数々... 関連ページ:比 干

北伯候。出陣の道中で村から略奪を繰り返すため評判が悪い。紂王から謀反を起こした蘇護の討伐を命じられ、五万の殷兵を連れて蘇護がいる冀州へ向かうが惨敗する。 関連ページ:崇 候虎

曹州候で崇候虎の実弟。評判の悪い崇候虎とは性格が正反対で、蘇護と義兄弟の契りを結んでいる。崇候虎が紂王から謀反を起こした蘇護の討伐を命じられたと聞き、無益な戦をやめさせようと調停をしに戦地へやってくる... 関連ページ:崇 黒虎

黄飛虎の妹で非常に聡明な人物。姜皇后が謀反の罪に問われた時、紂王から取り調べ役を命じられた。その際、姜皇后が無実であり、誰かが仕組んだ罠だと察するがどうすることもできずにいた。姜皇后の二人の息子の殷郊... 関連ページ:黄貴妃

兵法学、薬学、易を学んだ知識人。72歳だが40代の体力を持つ。40年間崑崙山で修行をした後、師匠の仙人・太乙真人から世直しをするよう命じられ下山。紂王の前で女性の姿に化けた妖怪の正体を暴いたのをきっか... 関連ページ:呂 尚

呂尚の妻。何の商売をやってもうまくいかない呂尚にいら立ち、文句ばかりいう。呂尚が宮廷に迎え入れられた時はとても喜んだが、紂王に逆らい逃げてきたことを知ると、自分には関係ないと呂尚に離縁を申し出る。 関連ページ:馬氏

呂尚の古くからの親友。40年ぶりに崑崙山から下山した呂尚の面倒をみる。独り者の呂尚を案じ、親戚の女性、馬氏を紹介。自分が仲人となって二人を結婚させた。商売をやってもうまくいかない呂尚に、占師になること... 関連ページ:宋 異人

紂王の父の帝乙に仕え、紂王の教育係を任される。軍師でありながら、国事をつかさどる陰陽も管理している。紂王にとって親代わりであり、怖い相手。12年間、北海諸侯の反乱をおさめるために出陣していたが、帰国し... 関連ページ:聞仲太師

諌太夫。本来の諌太夫の仕事である、間違いを諌める役目を果たさず紂王の機嫌ばかりとるので、忠義の臣からは嫌われている。また、立場を利用して諸侯から賄賂を取っている。妲己が紂王に寵愛されるようになり、妲己... 関連ページ:費 仲

きこり。素直な性格と大きな身体を持つ。柴を売りに町へ出た時、事故で文王の兵士を殺してしまい拘束されるが、年老いた母の面倒をみることが許されて一時拘束をとかれた。この際、渓谷で出会った老人の呂尚に身の上... 関連ページ:武 吉

天文現象を観察し占う天台官。三代にわたり殷に仕えてきた、真面目な男性。子どもの頃から霊感があり、人の見えない物が見える。ある日、宮殿から異様な妖気を感じることを伝えに紂王に会いに行き、そこで妲己の正体... 関連ページ:杜 元銑

筆頭大臣である上太夫。紂王が杜元銑を処刑したことに怒り紂王をいさめに行くが、紂王に「愚か者」と言ったために処刑される。凄惨な処刑方法として歴史に残る炮烙の刑の最初の犠牲者となった。 関連ページ:梅 伯

西伯候。人徳があり、占いが得意で、よく的中することで有名。紂王に呼ばれて出向くが、そのまま幽閉されてしまう。7年後、恩赦により解放され文王という王位を与えられるが、紂王の意に背き朝廷から脱出。命からが... 関連ページ:姫 昌

西伯候・姫昌の次男。病に倒れた姫昌に呼ばれ、「自分が死んだ後は丞相・呂尚を父として敬い仕えよ」と言い渡された。そして父亡き跡を継いで即位し武王を名乗り、紂王討伐を進める。歴史上の実在の人物とされる姫発... 関連ページ:姫 発

西伯候・姫昌の長男。父である姫昌の幽閉を解いてもらうため、貢物の国宝を持参して紂王の元を訪ねる。しかし妲己の罠にはまって処刑されることになり、その肉体は切り刻まれ肉餅に加工され、幽閉されている姫昌の元... 関連ページ:伯邑考

西伯候である姫昌の100番目の子ども。姫昌が旅の途中で嵐に遭い、避難した森の中で捨てられていた赤ん坊を拾い100番目の子とした。そこに終南山で修行している道士の雲中子が現れ、この赤ん坊に雷震子と名付け... 関連ページ:雷震子

李靖将軍の三男として生まれる。子どもの頃から常人とは違う身体能力を見せるが、7歳の時に地元武将の子の兄弟を殺めてしまう。その親が怒り哪吒と殺せと言ったため、李靖将軍は哪吒を病死したと見せかけこっそり崑... 関連ページ:哪吒

崑崙山で修行する著名な道子で、呂尚の師匠。また、李靖将軍の三男に哪吒と名付け、後に哪吒の師匠となった。 関連ページ:太乙真人

殷の民衆が崇めている天女の像。紂王が一目見てその美しさに魅せられてしまい、持ちかえって側室にしたいという詩を壁に書く。それに対し、神の自分を快楽の対象にしたと怒った女媧御前は、邪悪の霊から殷を守る気は... 関連ページ:女媧御前

場所

紀元前17世紀頃から紀元前11世紀まで続いた中国の王朝。実在が確認されている中国最古の王朝で周に滅ぼされた。紂王が第31代殷王となる。 関連ページ:

SHARE
EC
Amazon
logo