失踪日記2 アル中病棟

失踪日記2 アル中病棟

ギャグ漫画創作のプレッシャーでアルコール依存症になってしまった作者・吾妻ひでおが、精神科の病院に長期間入院して治療を行った経験を描いた自伝的ノンフィクション・コミック。売り上げ30万部のベストセラーで、様々な賞を受賞している『失踪日記』の続編。『失踪日記』の最後のパート「アル中病棟」は治療の途中で終わっていたが、それを新たに入院から描き直し、3期3ヶ月の治療を経て退院までを、ギャグタッチの絵柄でなるべく暗く・重くならぬよう作成したもの。すべて書き下ろしである。

正式名称
失踪日記2 アル中病棟
作者
ジャンル
セミドキュメンタリー、半自伝
関連商品
Amazon 楽天

概要

ギャグ漫画創作の苦しみから生じる鬱状態から脱出するため、酒に走ってしまった漫画家吾妻ひでおは、眠っているとき以外は酒びたりという「連続飲酒」となる。幻覚・幻聴・自殺念慮に襲われ奇行が目立つようになったため、1998年12月26日に家族によって精神科のある病院に入院させられてしまう。そこで吾妻は3期3ヶ月のアルコール依存症治療プログラムを受けることになる。

酒の力を借りずに鬱と戦っていけるかという不安を抱きつつ、他の患者たちを観察しながら、彼の治療は粛々と続く。勉強会やミーティング、各種の断酒会参加を経て、やがて外出許可が下りて自宅へも戻れるようになる。そしていつしか3ヶ月の時が流れ、プログラムの終わりはやってくるのだった。

登場人物・キャラクター

主人公

ギャグ漫画家としてデビューし、可愛い少女のキャラクターが評判で、1980年代前半に「不条理漫画」で一世を風靡した。だが80年代後半に人気は低迷し、失踪を繰り返す(このあたりは『失踪日記』で描かれている... 関連ページ:吾妻 ひでお

主人公にして作者の吾妻ひでおの妻。本名・年齢は記されていない。1973年に吾妻と結婚し、1男1女をもうけている。結婚当初は吾妻の漫画のアシスタントをしていた。吾妻失踪後、またアシスタントに戻る。吾妻の... 関連ページ:吾妻ひでおの妻

吾妻ひでおがアルコール依存症の治療のために入院していた、A病院精神科B病棟(別名アル中病棟)での同期の患者。2人部屋に移った吾妻と同室になった大柄な中年男。もちろんアルコール依存症で、A病院は2回目の... 関連ページ:渡鍋

吾妻ひでおがアルコール依存症の治療のために入院していた、A病院精神科B病棟(別名アル中病棟)での同期の患者とされる年齢不明の女性(たぶん40歳以上)。ショートカットで、いつも薄い色のついた眼鏡をかけて... 関連ページ:御木本

吾妻ひでおがアルコール依存症の治療のために入院していた、A病院精神科B病棟(別名アル中病棟)での同期の患者。スキンヘッドで巨漢の40歳の男性。しばしば御木本女王様の近くにいる。アルコール依存症のために... 関連ページ:大島

吾妻ひでおがアルコール依存症の治療のために入院していた、A病院精神科B病棟(別名アル中病棟)での同期の患者。ハゲて目付きの悪い中年男で、少額の寸借詐欺の常習犯として描かれている。整理整頓がまともに出来... 関連ページ:浅野

吾妻ひでおがアルコール依存症の治療のために入院していた、A病院精神科B病棟(別名アル中病棟)での同期の患者。元板前の小柄な男で、目はすこしつり上がって描かれている。名前と年齢は不明。やたらと自信満々で... 関連ページ:杉野

吾妻ひでおがアルコール依存症の治療のために入院していた、A病院精神科B病棟(別名アル中病棟)での同期の患者。メガネをかけ、いつもニヒルな笑いを浮かべているように描かれている、50歳の男性。「AA(アル... 関連ページ:小林

吾妻ひでおがアルコール依存症の治療のために入院していた、A病院精神科B病棟(別名アル中病棟)での同期の患者。特撮映画『ゴジラの息子』に登場する子供の怪獣「ミニラ」にそっくりな男性なので、そのようなあだ... 関連ページ:鈴木

吾妻ひでおがアルコール依存症の治療のために入院していた、A病院精神科B病棟(別名アル中病棟)での同期の患者。太った中年男で、糖尿病だが、夜中にカップ焼きそばを大量に食べたりする。年齢・姓名不明。何度も... 関連ページ:クマさん

吾妻ひでおがアルコール依存症の治療のために入院していた、A病院精神科B病棟(別名アル中病棟)に勤務するベテランナース。美人で茶髪のショートヘアーに描かれている。年齢・名前不明。いつも患者たちを優しく見... 関連ページ:岡山

吾妻ひでおがアルコール依存症の治療のために入院していた、A病院精神科B病棟(別名アル中病棟)に勤務する看護師長。メガネをかけ太り気味な、大柄な男性。年齢・姓名不明。昔からアルコール依存症の治療に非常に... 関連ページ:看護長

『失踪日記2 アル中病棟』に登場する架空存在。吾妻ひでおの心のなかに存在する「鬱」を具象化したもの。縦に長い山のような、スライムのような「ゆるキャラ」っぽい容姿をしている。縦長の目の下に漢字で「鬱」と... 関連ページ:

集団・組織

断酒会

『失踪日記2 アル中病棟』に登場する集団。「アルコール依存症者が体験談を語り合い、共に酒をやめ続けることを目的とした集まり」である「自助グループ」の1つ。アメリカ由来の「AA(アルコホーリクス・アノニ... 関連ページ:断酒会

場所

A病院精神科B病棟

吾妻ひでおがアルコール依存症の治療のために入院していた場所。3期3ヶ月のアルコール依存症治療プログラムが用意されており、1期(1~2週間)で外出禁止にして身体内からアルコールを抜き、2期で6週間の任意... 関連ページ:A病院精神科B病棟

SHARE
EC
Amazon
logo