奇異太郎少年の妖怪絵日記

奇異太郎少年の妖怪絵日記

離れの家に住み始めた霊感の強い少年奇異太郎と、そこで出会った座敷童子のすずとがさまざまな妖怪に出会っていく。妖怪だけど怖くない妖怪コメディマンガ。

正式名称
奇異太郎少年の妖怪絵日記
作者
ジャンル
ギャグ、コメディ一般
関連商品
Amazon 楽天

概要

立ち入り禁止の蔵に入った罰で、離れに住むことになった奇異太郎。そこには座敷童子のすずがいた。かくれんぼで勝負し、見つけた方が家の主となる条件で、奇異太郎は勝つ。座敷童子のすずとの奇妙な生活が始まった。

登場人物・キャラクター

奇異 太郎

中学生。離れにいる座敷童子すずと住み始め、さまざまな妖怪に出会っていく。

すず

座敷童子。身なりが整っているため、座敷童子としての地位は高い方。奇異太郎との賭けに負け、下僕となる。妖怪について詳しく、出会った妖怪について説明してくれる。

狐面の女

三尾の狐だが、化けると胸のでかい狐面をつけた女性となる。妖怪たちがあまり村人の迷惑にならないよう見張る役目を持っている。奇異太郎のことが好き。

雪母

妖怪、雪女で、離れの北の山に住んでいる。娘がいる。常にクールだが、口を開くと罵詈雑言卑語などが出てくる。

雪娘

雪母の娘。離れの北の山に住んでいる。体があまり強くない。

塗り壁

道を歩いていると、とうせんぼをする妖怪。壁の下を棒きれで払うと消えると言われている。

目目連

障子などに無数の目が現れ、こちらを見つめてくる妖怪。見つめるだけなので、無害。奇異太郎の家に住み着いている。

加牟波理入道

便所を覗きこむ妖怪。「加牟波理入道ほとどぎす」と唱えると、この妖怪に会わないと言われる。

垢嘗

掃除していない風呂桶を嘗める妖怪。「すずたんハァハァ」などと言って風呂桶を嘗めていた。

天井嘗

「すずさんハァハァ」といって天井を嘗めていた変態妖怪。天井に詳しいので、屋根の保守係となる。

影女

月明かりの障子に映る影だけの女。影絵が得意。

泥田坊

田んぼを大切にしないと、「田を返せ~」と叫ぶ妖怪。米を作るのが無理ならば、麦を作ってくれと奇異太郎に頼む。

牛の身体、人間の顔の妖怪。男と女がいる。男の件は不幸な予言をして、その後すぐに死ぬ。その姿を書き写しておき、持っていると難を逃れる。女の件は、その予言を回避する方法を教えてくれるという。

河童

山の中の沼に住む妖怪。妖怪と言っているが、宇宙人のようで、機械化された家に住んでいる。前任者はアンドロメダへ帰った。

SHARE
EC
Amazon
logo