妖しのセレス

妖しのセレス

渡瀬悠宇による同タイトル漫画作品『妖しのセレス』をアニメ化。天女の血を引く女子高生が、同じく天女の血を引く双子の兄と過去の意識により敵対するようになる。また、彼女を守る者たちと心を通わせていく中で、恋が芽生え互いの心の支えとなっていく、天空お伽草子。

正式名称
妖しのセレス
ふりがな
あやしのせれす
原作者
制作
スタジオぴえろ
監督
亀垣 一
放送期間
2000年4月20日 〜 2000年9月28日
放送局
WOWOW
話数
24話
ジャンル
ファンタジー一般
 
恋愛一般
 
アクション一般
関連商品
Amazon 楽天

概要

女子高生御景妖は双子の兄御景明と共に16歳の誕生日を迎えた。16歳の誕生日には、御景一族の慣例に従い家族4人で本家に出向くことになっている。御景本家に呼ばれたとその家族は、先祖代々から伝わるという手首のミイラを見せられた。

この手首のミイラは天女のものであるとされ、このミイラを見た瞬間から、と明は覚醒し体と精神に異変が起こる。そして、明は御景家で保護され、は御景家から命を狙われるようになってしまう。

登場人物・キャラクター

主人公

ストレートのロングヘアをした、ごく普通の女子高生。趣味はカラオケだが音痴。明るく自然体で天真爛漫な性格である。そんな彼女は、天女セレスの生まれ変わりであり、16歳の誕生日に御景本家に呼ばれ、先祖代々伝... 関連ページ:御景 妖

かつて天界から降りてきた天女であり、現在、御景妖の意識下に存在している。妖の意識が昏睡することでセレスとして覚醒することが可能。天女であった自分を辱め、子どもを産ませた御景一族への憎しみは強く、彼らへ... 関連ページ:セレス

赤い髪の青年だが、記憶喪失である。しかし、「御景」という名前を憶えていたため、自ら御景財閥に身を寄せた。御景財閥の若き当主御景各臣の命により「天女の捕獲」「天女の監視」という仕事により御景妖に幾度とな... 関連ページ:十夜

梧 雄飛

天女の血を引く義理の姉を持つ青年。御景妖と同い年で、義理の姉梧納涼の指示で妖の護衛をする。料理が得意で、戦闘時にも菜箸を使う。妖を守っているうちに彼女を愛するようになるが、十夜の存在により内に秘めた想いとなる。 義理の姉梧納涼が贈った拘束具「天女に服従しまっせベルト」を身につけている。

御景妖の双子の兄で、妖同様天女の血を引いている。16歳の誕生日に御景本家で妖とともに先祖代々伝わるミイラ化したセレスの手首を見たことで体中に切り傷が現れたため、天女を娶った始祖ミカギの生まれ変わりであ... 関連ページ:御景 明

梧 納涼

日本舞踊家で、着物美人。梧雄飛の義理の姉で、天女の血を引く女性である。念動力など天女の能力があり、御景本家で御景妖が覚醒し彼女の身に危険が及んだことを察知し妖を保護した。夫を亡くし、お腹の子も流産してしまったが、彼の弟である雄飛を引き取って育てている。

御景財閥を率いる若き当主であり、次期社長の男。オールバックでメガネをかけた、御景妖と御景明の従兄である。母親の連れ子として御景家に入ったため、御景の血を引いていないことで子どもの頃から孤独を味わってい... 関連ページ:御景 各臣

クレジット

原作

監督

シリーズ構成

総作画監督

本橋秀之 ,北山真理

音楽

酒井良

アニメーション制作

スタジオぴえろ

原作

妖しのセレス

ごく普通の家庭で今どきの明るい女子高生として生活していた御景妖だったが、16歳の誕生日に双子の兄御景明と共に訪れた御景家の本家でミイラの手首を見せられた瞬間に自分の中に流れる天女「セレス」の血に目覚め... 関連ページ:妖しのセレス

SHARE
EC
Amazon
logo