子供たちは夜の住人

子供たちは夜の住人

人間界にやってきた大悪魔の柴と、黄金律の肉体を持つ高輪湊が出会ったことをきっかけに始まる、人間と悪魔の奇妙な共同生活。バトル要素を取り入れつつ「家族」をテーマにテンポ良く描かれたファンタジー作品。

正式名称
子供たちは夜の住人
作者
ジャンル
天使・悪魔
レーベル
秋田レディースコミックスデラックス(秋田書店)
巻数
全2巻
関連商品
Amazon 楽天

概要・あらすじ

地底の御獄界から逃げ出した四天王を捕まえるため、地上の人間界にやってきた大悪魔の。人間の毒気にあてられているところに黄金律の肉体を持つ 高輪湊が通りかかり、柴は湊を食べて力をつけようと高輪家に転がり込む。しかし、そこには既に四天王の道麻 が、湊の姉である高輪由美に取り憑き、居座っていたのだった。

登場人物・キャラクター

御獄界きっての大悪魔。普通、悪魔は木の股から生まれるが、柴は母親であるまりあから生まれた。そのためか、冷酷で残忍な性格であるものの肉親の情には弱く女性には優しい。まりあの不始末の尻拭いのために人間界へやってきたところ、高輪湊に出会い高輪家の居候となる。湊のことが可愛いくてつい意地悪をしてしまう。

高輪 湊

眼鏡をかけた男子高校生。飛行機事故で両親を亡くして以来、姉の高輪由美と2人暮らしをしていた。お人好しな性格でシスコン。悪魔にとっては大変なご馳走である黄金律の肉体の持ち主で、柴に体を狙われている。

高輪 由美

女子高生で、高輪家のボス。飛行機事故で両親を亡くして以来、弟の高輪湊と2人暮らしをしていた。湊を狙った道麻に取り憑かれて体が同化してしまうものの、別段気に病むこともなく、共存の道を考える気丈な性格。味オンチのため料理の腕は壊滅的。

まりあ

柴の母親で下級淫魔。 御獄界の太陽を支えるために閉じ込められていた 道麻を憐み、柴に頼んで 四天王全員を外に出してしまう。少女のような容姿で、性格も幼い。

道麻

御獄界の太陽を支えるために閉じ込められていた四天王の一人で「地」の力を操る女の悪魔。地上の人間界に逃げて高輪由美に取り憑くが、柴によって封印される。共存関係となった由美には、特別な感情を抱いていた。

炎路

御獄界の太陽を支えるために閉じ込められていた四天王の一人で「火」の力を操る女の悪魔。柴に攻撃を仕掛けるが逆に封印され、以降は柴と意気投合して共に高輪家の居候となる。まりあに頭をなでられてからは、まりあに懐く。

御獄界の太陽を支えるために閉じ込められていた四天王の一人で「風」の力を操る男の悪魔。いつも 雪と一緒におり、2人で寄り添い合っている。高輪湊が柴の弱点だと見て、雪と共に湊を襲おうとする。

御獄界の太陽を支えるために閉じ込められていた四天王の一人で「水」の力を操る男の悪魔。いつも雷といつも一緒におり、2人で寄り添い合っている。高輪湊が柴の弱点だと見て、雷と共に湊を襲おうとする。

将軍

御獄界のまとめ役。気弱な性格で苦労性。逃げ出した四天王を捕まえることを柴に命じ、柴が留守の間まりあを預かることになる。

集団・組織

四天王

道麻、炎路、雷、雪の4人。罪人であり、一人ずつ柱に閉じ込められ半永久的に御獄界の太陽を支える役割を強いられていた。まりあの願いを聞き入れた柴によって解放され、人間界へ逃亡する。

八部衆

一座、二葉、三輪、四門、五目、六道、七重、八尾の8人から成る柴の親衛隊。全員女で同じ容姿をしており、8人全員がそろった時の力は柴と同格と言われている。

場所

御獄界

悪魔たちが住んでいる地底。将軍がまとめ役を担っている。4本の柱の中に四天王を一人ずつ幽閉し、その力で大きな太陽を支えている。柱がなければ、太陽が落ちてきてしまう。

その他キーワード

黄金律の肉体

すべての体液に力を持っていると言われている左右完全対称の肉体。食べると能力が増し、長命となるので悪魔にとってはまさに垂涎もの。

書誌情報

子供たちは夜の住人 全2巻 秋田書店〈秋田レディースコミックスデラックス〉 完結

第1巻

(1995年7月発行、 978-4253156219)

第2巻

(1995年7月発行、 978-4253156226)

SHARE
EC
Amazon
logo