宇津木

藍の時代 一期一会(漫画)の登場人物。読みは「うつぎ」。

  • 宇津木
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
藍の時代 一期一会(漫画)
正式名称
宇津木
ふりがな
うつぎ

総合スレッド

宇津木(藍の時代 一期一会)の総合スレッド
2016.08.10 14:55

概要

月島警察署の刑事。東田正巳たちの将来を心配し、署の道場で稽古をつけ、菓子を食わすなど面倒を見ている。東田中山歳男が、一匹狼のヤクザ、健に憧れていることを危惧し、彼らの憧れを打ち砕くため、無様な芝居を売ってくれるように土下座で頼み込んだ。定年退職後まもなく死去したが、生前に東田宛に手紙を残し、手紙の中で東田に漫画を描くように勧めている。

登場作品

東京の下町、築島に育った中学生の東田正巳は、何をしたいかが定まらず、モヤモヤした青春を送っていた。そんな東田だったが、友人やお世話になった人々から背中を押され、漫画家への道を歩み始める。