安江 仙弘

虹色のトロツキー(漫画)の登場人物。読みは「やすえ のりひろ」。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
虹色のトロツキー(漫画)
正式名称
安江 仙弘
ふりがな
やすえ のりひろ

総合スレッド

安江 仙弘(虹色のトロツキー)の総合スレッド
2016.07.11 19:05

概要

大連特務機関長。大佐。ウムボルトの父の深見圭介および石原莞爾とは陸士同期。植芝盛平とは古い友人。特に深見圭介とはかつての同志であり、友人の石原莞爾が立案しウムボルトが関わろうとしている「トロツキー計画」のこともよく知っている。だがウムボルトの力を借り「トロツキー計画」を潰すつもりでいる。

日本を安泰とするには「五族協和」の理念が本物であると世界に見せつけなければならないが、その為には満州国が五族といわず何民族でも平等に暮らせる国であることを示す必要があると考えている。また、その目的を達成する為にユダヤ人を助けてやることが一番ではあるが、一方でトロツキーを満州国に迎え入れる代償として国を崩壊させてしまう恐れがあると危惧している。

ウムボルトを連れ上海に行くが、ウムボルトの肩書きが必要だと考え、興案軍の士官に任官させる。歴史上の実在の人物、安江仙弘がモデル。

登場作品

第二次世界大戦勃発の前年の昭和13年に物語は始まる。日本人の父と蒙古人の母の間に生まれたウムボルトは、満州国に開学した建国大学に特別研修生として入学する。だが彼は幼き日の記憶を失っていた。それは、かつ...