宝院 京子

宝院 京子

こどものじかん(漫画)の登場人物。読みは「ほういん きょうこ」。宝院ユウキとは親族関係にある。

登場作品
こどものじかん(漫画)
正式名称
宝院 京子
ふりがな
ほういん きょうこ
関連商品
Amazon 楽天

概要

双ツ橋小学校に勤務する女性教師。巨乳でジャージ姿が多い。酒と甘い物が大好物で、ややメタボ気味。青木大介が新任として双ツ橋小学校に赴任した際、同学年の別クラスの担任をつとめ、先輩・指導担当として何かと青木の相談に乗る。宝院ユウキという弟がいる。経験が浅く悪戦苦闘する青木を「放っておけない弟」のようにかわいがっていたが、次第に淡い恋心を抱くようになる。

関連人物・キャラクター

青木大介

眼鏡をかけた男性の小学校教師。登場時は23歳で、学年の途中から双ツ橋小学校に赴任し、3年生のクラス担任になる。クラスの九重りんに気に入られ、猛アタックをされる。はじめは子ども達の指導に四苦八苦するが、... 関連ページ:青木大介

宝院ユウキ

青木大介の同僚教師宝院京子の弟。宇佐美々達が通う進学塾双葉ゼミナールの講師。イケメンで、周囲からはチャラいと評判を取る。小学校や学校制度に批判的で青木大介と対立する。 関連ページ:宝院ユウキ

登場作品

こどものじかん

新任教師の青木大介は真面目で熱心。担任となったクラスのおませな女の子九重りんから猛アタックを受ける。二人の禁断の恋愛と葛藤は、進級とともに様々な事件を巻き起こし、そして成長していく。 関連ページ:こどものじかん

SHARE
EC
Amazon
logo