宮本から君へ

宮本から君へ

文具メーカーに勤務する新人営業マンである宮本浩が、仕事や恋愛を通じて一人の男として成長していく姿を描いたサラリーマン漫画。新井英樹の代表作で、1992年度第38回小学館漫画賞青年一般部門受賞。

正式名称
宮本から君へ
作者
ジャンル
サラリーマン
レーベル
太田出版
関連商品
Amazon 楽天

概要

文具メーカー・マルキタ(株)に営業マンとして就職したが、不器用な性格のため仕事がうまく行かず、自信喪失していたサラリーマン・宮本浩。仕事がうまく行かない中で、恋愛に救いを求めようとする宮本浩だったが、付き合い始めた彼女・甲田美沙子にフラれてしまう。これをきっかけに心機一転した宮本浩は、仕事に死ぬ気で打ち込むようになり、困難な営業案件にも果敢に立ち向かっていく。

そして先輩営業マンを通じて知り合った女性・中野靖子と恋に堕ち、彼女を守れるような強い男になろうと誓い、仕事に恋愛に泥臭くあがきながら一人の男としてたくましく成長していく。

登場人物・キャラクター

主人公

文具メーカー・マルキタ(株)に勤務する営業マン。物語開始時点では大学を卒業したばかり、入社1年めの夏。学生時代は運動が得意で人気もあり楽しく過ごしていたが、社会人になってからは仕事がうまく行かず、自信... 関連ページ:宮本 浩

神保和男と共に起業することになったプログラマー・重松の会社の後輩。宮本浩とは、神保和男に誘われて参加した飲み会の席上で知り合う。その後、大東製薬への文具納入の案件で行き詰まった宮本と再会。平手打ちで宮... 関連ページ:中野 靖子

トヨサン自動車本社で受付嬢をしているOL。ロングヘアの美人で、通勤電車で同じ電車に乗り合わせる宮本浩から声をかけられたことで親しくなった。宮本浩と知り合った時点で勤務1年5ヶ月の21歳。それまで付き合... 関連ページ:甲田 美沙子

マルキタ(株)に勤務する営業マンで、宮本浩とは同期。出っ歯で関西弁の調子の良い男ではあるが、友情には篤く、仕事に悩む宮本浩を激励するなどサポートする。宮本浩と営業をしている最中に知り合ったメルシー化粧... 関連ページ:田島 薫

マルキタ(株)の営業マンで宮本浩の先輩。勤務5年で敏腕営業マンで、いつも満面に笑みを浮かべており、その気の置けない人格から取引先からも絶大な信頼を寄せられている。仲間と共に起業して独立するため、退社を... 関連ページ:神保 和男

マルキタ(株)に勤務するサラリーマンで宮本浩の上司。役職は課長。上役である岡崎部長と、部下の宮本浩が衝突したさいに間に入り、双方の関係のこじれを調節する。関西弁で物腰のこなれた中年男だが、飲み会の席上... 関連ページ:小田 三紀彦

文具の大手問屋・ハタダ(株)の社員。ハタダ(株)は、宮本浩らの勤務する文具メーカー・マルキタ(株)の取引先。宮本浩の先輩営業マンである神保和男が新人だったころに苦戦した相手。最初は神保和男のことを嫌っ... 関連ページ:安達

文具最大手メーカー「コクヨン」の営業マン。神保和男とは営業マンとしてのライバル。ルックスの良さと口のうまさ、リベートも駆使するなど狡智に長けた営業スタイルの持ち主で、いつも笑顔と誠意で取引先との信頼関... 関連ページ:益戸 靖幸

文具販売会社である「ワカムラ文具」の営業部部長。タヌキのような外見で、卑怯な行動をしばしばとる。宮本浩が担当した大東製薬へのPR商材納入の案件の、ワカムラ文具側の担当者。商品はコクヨンとマルキタ(株)... 関連ページ:島貫

中野靖子が付き合っていた男性。小説を書いていると自称。豪放磊落で闊達な性格をしており、女にはモテる。浮気性でさまざまな女と関係を持ち、ヒモのような生活をしている。中野靖子も彼の浮気癖に翻弄されて何度も... 関連ページ:風間 裕二

メルシー化粧品(株)販売促進部に勤務するOLで、勤続4ヶ月の22歳。栞が書類を落とした書類を拾うのを宮本浩が手伝ったのがきっかけとなって親しくなる。折しも宮本浩は大東製薬へのPR商材納入のコンペに負け... 関連ページ:綾部 栞

菓子メーカー・太陽製菓の資材部の部長。チョコレートが好きとの理由で入社し、以後25年間毎日自社のチョコレートを欠かさず食べ続けている。ワカムラ文具との関係を修復するための仕事を探していた宮本浩が、さま... 関連ページ:大野 平八郎

建設会社・泉谷建設の資材部部長。大野平八郎とは大学時代に同じラグビー部に所属していた旧知の仲。現在も太陽製菓のラグビーチームに共に所属している。大野平八郎から紹介された宮本浩から文具納入の営業を受ける... 関連ページ:真淵 敬三

早明大学ラグビー部に所属し「怪物」の異名をとった巨漢。泉谷建設資材部部長である真淵敬三の息子。父である真淵敬三によって幼いころからラグビースクールに入れられ、大学までラグビーを続けたが、父親に反発して... 関連ページ:真渕 拓馬

SHARE
EC
Amazon
logo