小森 ユウ

小森 ユウ

スパイダーマン(漫画)の主人公。読みは「こもり ゆう」。別称、スパイダーマン。

登場作品
スパイダーマン(漫画)
正式名称
小森 ユウ
ふりがな
こもり ゆう
別称
スパイダーマン
別称
ユウ
関連商品
Amazon 楽天

概要

音羽高校の男子生徒。元々は「運動神経が鈍い」、本の虫などといわれ、科学者を目指していた。ある日、放射能制御装置の実験中にクモに咬まれ、クモの特殊能力である超人的な運動能力と弾丸をも弾き返す肉体、予知や索敵などが可能な研ぎ澄まされた超能力、「スパイダー感覚」を身に付けた。

その後、自身の科学知識を活かして、クモの糸や網、パラシュートとしても活用できる万能の「スパイダー液」を開発、自ら作成したコスチュームをまとってスパイダーマンとなった。ユウは自らのスパイダーマンの超能力の暴走を恐れ、思春期の悩みも抱えながら、ヒーローとして、さまざまな怪人や魔女、社会問題と闘っていく。

幼いころ、両親と別れて養護施設に預けられていたが、何らかの事情でおばさんに引き取られ、育てられた。東京都三鷹市の一軒家に住んでいる。血液型はAB型。ペンフレンドの白石ルミ子に好意を持っている。ルミ子がゴーゴーガールになり苦悩するが、真相を狂魔事件の際に知り、ある決心をする。

登場作品

スパイダーマン

運動神経が鈍い高校生・小森ユウは、放射能制御装置の実験中にクモに咬まれて超人的な特殊能力を身に付け、スパイダーマンになる。ユウは自らの超能力の暴走を恐れ、さらに思春期の悩みも抱えながら、ヒーローとして... 関連ページ:スパイダーマン

SHARE
EC
Amazon
logo