少年

少年

UTOPIA 最後の世界大戦(漫画)の主人公。読みは「しょうねん」。

登場作品
UTOPIA 最後の世界大戦(漫画)
正式名称
少年
ふりがな
しょうねん
関連商品
Amazon 楽天

概要

20XX年に使用された氷素爆弾によって世界が氷漬けになってから100年後の世界で、ただひとり生きて発見された旧世代の少年。作中に名前は登場しない。100年後の世界の発展ぶりを目の当たりにし、はじめはユートピアのように感じるが、秘密警察に拉致され、「役に立たない人間は処分されてロボットに取って代わられる」という世界のあり方を知ると、それに疑問を感じるようになる。

そして反政府組織である「人類連盟」と行動を共にするが、ロボットが人類に対して反乱を起こしたために、この世界でも戦争に巻き込まれることになる。

関連キーワード

人類連盟

『UTOPIA 最後の世界大戦』に登場する組織。主人公の少年を氷の中から救出し、行動を共にすることになる。役に立つ人間以外をゼロの空間へ送り、徹底した機械化と管理を進める政府に抵抗する活動を続ける。メ... 関連ページ:人類連盟

登場作品

UTOPIA 最後の世界大戦

藤子不二雄にとって、初の単行本となった作品。発表当時は足塚不二雄名義になっている。当時の子供向け作品としてはやや難解な内容であったが、手塚治虫の紹介で単行本化された。その経緯については藤子不二雄Ⓐの『... 関連ページ:UTOPIA 最後の世界大戦

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

関連人物・キャラクター
少年の父親
首領
大統領
ロボット
集団・組織
人類連盟
場所
ユートピア
その他キーワード
氷素爆弾
ゼロの空間
logo