尾崎 秀実

虹色のトロツキー(漫画)の登場人物。読みは「おざき ほつみ」。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
虹色のトロツキー(漫画)
正式名称
尾崎 秀実
ふりがな
おざき ほつみ

総合スレッド

尾崎 秀実(虹色のトロツキー)の総合スレッド
2016.07.11 19:05

概要

元新聞記者で近衛内閣の嘱託。満鉄嘱託として満州へ渡る際、風見章前書記管長の紹介で舞鶴に左遷されていた石原莞爾と面会、対ソ謀略を中止するよう意見するが受け入れられなかった。その後、ゾルゲ事件に連座、コミンテルンのスパイとして昭和19年に絞首刑となる。

歴史上の実在の人物、尾崎秀実がモデル。

登場作品

第二次世界大戦勃発の前年の昭和13年に物語は始まる。日本人の父と蒙古人の母の間に生まれたウムボルトは、満州国に開学した建国大学に特別研修生として入学する。だが彼は幼き日の記憶を失っていた。それは、かつ...