山本 直樹

山本 直樹

正式名称
山本 直樹
ふりがな
やまもと なおき
別称
森山 塔
別称
塔山 森
血液型
AB
本名
山本 直樹
関連商品
Amazon 楽天

概要

日本の漫画家。男性。早稲田大学教育学部国語国文科卒。大学2年のときに漫画家を志す。在学中に、小池一夫が主宰する「劇画村塾」に入門。同期には、とがしやすたか堀井雄二原哲夫などがいた。1984年、成人向け雑誌「ピンクハウス」に、『ほら、こんなに赤くなってる』が掲載され、森山塔名義でデビュー。美少女ポルノ漫画家として人気を得る。同年、山本直樹名義でも「ジャストコミック」から『私の青空』でデビュー。1987年「ビッグコミックスピリッツ」に『極めてかもしだ』を連載し、人気作家となるが、同作は県条例で有害指定を受けた。また、1989年に刊行した『BLUE』は、1991年に東京都条例で有害コミック指定を受けている。こうした状況の中、1992年、山本は「コミック表現の自由を守る会」に参加。規制反対の声を上げる。2006年「イブニング」にて、『レッド』を連載。連合赤軍を題材にしており、大きな話題を呼んだ。同作は、第14回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞した。その他、『あさってDANCE』『僕らはみんな生きている』『世界最後の日々』などがあり、実写映画化された作品が多い。

ヒストリー

1960年2月1日

北海道松前郡福島町に生まれる。

1984年

成人向け雑誌「ピンクハウス」から、『ほら、こんなに赤くなってる』(森山塔名義)で漫画家デビュー。

1984年

「ジャストコミック」に『私の青空』を執筆。山本直樹名義でもデビュー。

1987年

「ビッグコミックスピリッツ」に『極めてかもしだ』を連載。好評を得て、人気作家となる。

1991年

単行本『BLUE』が、東京都条例で有害コミック指定を受ける。

1991年

『あさってDANCE』、磯村一路監督により実写映画化。

1992年

「コミック表現の自由を守る会」に参加。

1993年

メディアミックス作品『僕らはみんな生きている』(監督:滝田洋二郎)が公開される。

2006年

「イブニング」にて、連合赤軍を題材にした『レッド』を連載。

2007年

『眠り姫』が、つぐみ、西島秀俊らのキャストで映画化。

2010年

『レッド』で、第14回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞。

受賞

2010年

第14回  文化庁メディア芸術祭優秀賞/『レッド』  マンガ部門

作品

まかせなさい!

作者

ごめんねBボーイ

作者

破戒 〜ユリ・ゲラーさん、あなたの顔はいいかげん忘れてしまいました〜

作画

明日また電話するよ

作者

夕方のおともだち

作者

世界最後の日々

作者

はっぱ64

作者

1987年

極めてかもしだ

作者

1989年

あさってDANCE

作者

1989年

BLUE

作者

1992年

僕らはみんな生きている

作画

1992年

YOUNG&FINE

作者

夢で逢いましょう

作者

フラグメンツ

作者

1999年

ビリーバーズ

作者

2000年

安住の地

作者

堀田

作者

ありがとう

作者

眠り姫

作者

2006年

レッド

作者

2014年

レッド 最後の60日 そしてあさま山荘へ

作者

2017年

レッド最終章 あさま山荘の10日間

作者

SHARE
EC
Amazon
logo