川地 幸一

川地 幸一

麻雀飛翔伝 哭きの竜(漫画)の登場人物。読みは「かわち こういち」。石川喬とはライバル関係。

登場作品
麻雀飛翔伝 哭きの竜(漫画)
正式名称
川地 幸一
ふりがな
かわち こういち
関連商品
Amazon 楽天

概要

桜道会系川地組組長。眼鏡と口ひげがトレードマーク。桜道会きっての穏健派と言われていたが、桜田道造死亡後、石川喬の暗殺を企てる。これは、失敗に終わり、一旦、姿をくらましたものの、桜道会を脱会し、幸友会を結成。桜道会、特に甲斐組と抗争状態に入る。

妻は糖尿病を患っている。車は運転手つきの白のセンチュリー。

関連人物・キャラクター

石川喬

甲斐正三死亡後、二代目甲斐組を襲名する。元々、桜田道造から直接杯を受けていなかったが、二代目襲名後、桜田の妻、和子の許しがあり、杯を受けて直系の子分となる。甲斐から高い評価を受けており、石川に欠けてい... 関連ページ:石川喬

桜田道造

桜道会の会長を務める親分。室田栄から竜の話を聞いたことから興味を持ち、共に麻雀を打つために、室田たちに連れてこさせる。以降、甲斐正三に竜のことを任せている。甲斐、丸子、竜と共に麻雀を打っている際、美好... 関連ページ:桜田道造

登場作品

麻雀飛翔伝 哭きの竜

主人公竜は、天性の強運を持ち、鳴き麻雀を得意とすることから通称を哭きの竜と呼ばれている。竜と共に麻雀を打っている間は、竜の強運を得ることができるという。このため、竜は桜道会若頭であり、甲斐組組長甲斐正... 関連ページ:麻雀飛翔伝 哭きの竜

SHARE
EC
Amazon
logo