巴 輝子

柔道讃歌(漫画)の登場人物。読みは「ともえ てるこ」。別称、朝香 輝子。不忍剛介とはライバル関係。巴突進太とは親族関係にある。

  • 巴 輝子
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
柔道讃歌(漫画)
正式名称
巴 輝子
ふりがな
ともえ てるこ
別称
朝香 輝子
別称
輝子

総合スレッド

巴 輝子(柔道讃歌)の総合スレッド
2016.01.25 12:40

概要

主人公・巴突進太の母で未亡人。突進太が子どもの頃から、喧嘩で負けて帰ると「勝つまで家に入れない」と再び喧嘩に戻るよう言い渡す激しい気性。ただ厳しいだけではなく、限りない愛情もそそぐ。旧姓は朝香で、講道館女子部で女三四郎の異名をとった天才柔道家。「柔よく剛を制す」の夢に憑りつかれ、タブーであった男女対決で利鎌竜平の兄・不忍剛介に得意技・巴投げで勝利。

しかし禁を破ったことで柔道界を追放される。力に頼る現在の柔道界を案じており、息子に自分の夢を託し、日本柔道の真の姿を取り戻そうとする。輝子に敗れた不忍剛介が失意の末に亡くなった話を聞き、利鎌竜平の復讐を甘んじて受ける覚悟をするが、利鎌の復讐の刃が息子の突進太に向けられたため、母子で利鎌と対決する決意を固める。

途中から利鎌の宣戦布告が突進太を奮起させるためのものだと気づき、利鎌と和解。恋愛感情を抱くが、そうと知った突進太の自殺未遂により破局する。利鎌が去った紅洋高校柔道部の特別コーチに就任。打倒利鎌に向けて息子を鍛え上げる。

登場人物・キャラクター

小柄な体格ながら、ケンカに強く、柔道に天賦の才がある。母子家庭に育ち、大のマザコン。母・輝子が作る「アジのタタキのシソの葉まぶし」と「オハギ」が大好物。初登場時は高校一年生。女三四郎の異名を取った天才...
利鎌竜平の兄。柔道六段の猛者。講道館時代、朝香輝子に挑戦され、勝負を受けるも巴投げに敗れる。以来、「女に投げられた男」のレッテルから逃れることができず、田舎やくざの用心棒にまで身を落とし、ついには深酒...

登場作品

外房・九十九里の漁村で育った少年・巴突進太は、小柄ながら喧嘩に明け暮れる暴れん坊。母・輝子はそんな息子を叱るどころか、「勝って帰るまで家に入れない」と厳しく言い放つ気性で、2人は村で「母子シャチ」と呼...