弁蔵

弁蔵

ふたがしら(漫画)の主人公。読みは「べんぞう」。

登場作品
ふたがしら(漫画)
正式名称
弁蔵
ふりがな
べんぞう
関連商品
Amazon 楽天

概要

『ふたがしら』の主人公のひとり。盗賊一味赤目宗次と共に抜け、「でかいことを成し遂げる」ため旅に出る。騙されやすく向こう見ずな性格だが、勘がよく決断力に優れている。腕っ節も強い。大阪の盗賊夜坂での修行をへて、盗賊一味壱師を立ち上げ、宗次と共にふたがしらとなった。元は備中の百姓の倅。

足軽として江戸に出てきたが、逃げだして盗賊となった。

関連キーワード

壱師

『ふたがしら』登場する組織。弁蔵と宗次がふたがしらとなって立ち上げた盗賊一味。殺しをしないあざやかな手口で盗みを行うことを信条としている。壱師は曼珠沙華の別称とされ、夜坂の隠居の墓の側に曼珠沙華が咲いていたことから、新たな盗賊一味の名前が壱師となった。

赤目

『ふたがしら』に登場する組織。武州八王子に本拠をかまえる盗賊の一味。弁蔵と宗次が属し、盗賊のいろはを学んだ組織。先代辰五郎の頃は、いたずらに人を殺めることのない一味だったが、甚三が跡目をとった後は、押し込み先の者を皆殺しにするなど、血なまぐさいつとめを行うようになった。

夜坂

『ふたがしら』に登場する組織。大阪の盗賊一味。盗賊仲間うちでは江戸にまで名の通った組織だが、頭目が変わってからはつとめを控えている。前頭目の娘婿の鉄治郎が跡目を継いでいる。一味を作る上で必要なことを学ぶため、弁蔵と宗次は夜坂に身を寄せた。

登場作品

ふたがしら

江戸時代、盗賊「赤目」の一味を抜けた弁蔵と宗次が新たな盗賊一味を作り上げていく時代劇マンガ。オノ・ナツメ作『さらい屋五葉』の登場人物・仏の宗次と鬼蜘蛛の弁蔵の若き日を描いた作品。 関連ページ:ふたがしら

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

関連人物・キャラクター
宗次
叶屋 喜兵衛
集団・組織
logo