さらい屋 五葉

気弱な浪人秋津政之助が江戸で誘拐組織五葉の頭目弥一に出会い、その仲間となって、それぞれの過去と向き合っていく時代劇漫画。

  • さらい屋 五葉
  • 楽天
  • Amazon
正式名称
さらい屋 五葉
作者
ジャンル
時代劇
レーベル
IKKI コミックス(小学館) / Ikki visual book(小学館)

総合スレッド

さらい屋 五葉(漫画)の総合スレッド
2016.01.25 12:34

新着関連スレッド

立花 伊蔵(さらい屋 五葉)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.01.25 12:39
松吉(さらい屋 五葉)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.01.25 12:39

新着関連スレッドもっとみる

概要

江戸時代。江戸に出てきた気弱な浪人秋津政之助は、弥一という不思議な優男に出会い、五葉という組織に引き込まれる。五葉は密かに人を拐し、身代金を得る賊であった。政之助が加わったことで変化が訪れ、徐々に仲間らしくなっていく五葉の面々。しかし、盗賊時代の因縁から、追手が迫る弥一は、五葉の面々とは距離を置こうとし始める。

登場人物・キャラクター

主人公
気弱な性格が災いして当主の座を弟に譲って江戸に出てきた浪人。剣の腕は立つが人前で力を発揮することができない。お人よしではあるが、物事の本質を見極める目を持っている。国元の弟に送るための金が必要で用心棒...
人を拐わかし身代金をとる賊五葉の頭。つかみどころのない優男だが、独特の凄味を持つ。秋津政之助を気に入って五葉に引き入れた。元は旗本の子息だったが、家から見捨てられ、盗賊白楽の一味となった過去がある。白...
五葉の一員。仲間が集まる居酒屋の店主。元々は壱師という盗賊の一味だったが、娘のため抜けて江戸に店をもった。娘のお絹を溺愛している。坊主頭の巨漢で口は悪いが、面倒見のよい性格。おたけに惚れている。壱師を...
五葉の一員。酒好きの妖艶な美女。元は岡場所にいたが、弥一に身請けされ自由の身となった。美味い酒が飲みたくて弥一に手を貸している。一味の名付けをしたのも彼女で、楓が好きなことから五葉と名付けた。秋津政之...
「五葉」の一員。元は一人働きの盗人であったが、弥一に救われたことがあり、恩を返すため五葉に加わった。五葉では、主に情報の収集を行う。腕のいい飾り職人でもある。金持ちから盗った金で酒を飲むことが好きで、...
代理業を営む青年。五葉のことを知り、強引に仲間入りをした。秋津政之助の長屋に押しかけ同居している。旗本の家に生まれたが、双子の弟であったことから、赤子のうちに寺に預けられた過去がある。その後、寺を飛び...
北町奉行所の筆頭与力。度々身分を隠して町を廻っている。八木家には婿養子として入っている。弥一が、実家の隣家の子息・三枝誠之進であり、死んだ使用人の名「弥一」を名乗っていることに気付く。
五葉の一味梅造の一人娘。居酒屋の手伝いをする気の優しい娘。梅蔵に溺愛されており、五葉のつとめのことも承知している。かつて行儀見習いで旗本の家に奉公に出ていたが、その次男を袖にしたことで暇を出された。憤...
元盗賊壱師の並び頭。今は隠居の身で郊外に隠棲している。五葉が拐した人質をあずかることもある。梅造が盗賊を足抜けする時に力を貸しており、梅蔵はその恩を忘れず、父親のように慕っている。梅造の店で出す漬物も...
八木平左衛門のもとで働く奉行所・同心。梅造の店の常連で、五葉のメンバーとは皆顔なじみである。八木に命じられて、弥一の動向を探る。
弥一が「霧中の誠」として盗賊白楽の一味だった頃の兄貴分。右頬に大きな刀傷がある。盗賊として捕まり島送りとなっていたが、つとめを終えて江戸にもどり、裏切者の弥一を追う。かつて、旗本の嫡男だった弥一(誠之...
秋津政之助の弟。気弱でふがいな兄に代わって家督を継いだ。家禄を減らした家を盛り返そうと、要人に賄賂を渡し、勘定頭に出世した。そのための金を家の借金と偽り、兄・政之助から無心している。異例の出世により、...
秋津政之助の妹。兄・秋津文之助が進めた縁談が気に入らず、長兄・政之助を頼って江戸にやってきた。幼馴染の忠次郎をしたっており、後、許嫁となる。
仏の宗次の昔なじみ。裏の世界の情報を色々集めることのできる老人。弥一の情報を白楽の残党から求められた。
盗賊一味白楽時代の弥一の兄貴分。仁の弟分。盗賊の罪で島流しにあっていた。江戸に戻って来て、弥一に裏切りの是非を問いただそうとしたが、匕首で刺されて殺されてしまう。

集団・組織

『さらい屋五葉』の登場する組織。弥一を頭とする拐し専門の江戸の賊。内密に身代金をとり、殺しは行わない。オリジナル・メンバーは弥一、梅造、松吉、おたけの4名で、その後、秋津政之助と銀太が加わった。外聞を...
『さらい屋五葉』に登場する盗賊一味。九平を頭とする。いそぎ仕事が多く、押し入った先で女子供も容赦なく殺す残酷な一味。弥一は、「霧中の誠」の名で、仁の弟分として一味に加わった。江戸でのつとめの後、ほぼ全...
『さらい屋五葉』の登場する盗賊一味。仏の宗次がかつて並び頭をしていた賊。盗賊の世界では名が知れた一味で、人数も多く、殺しをなるべくしない鮮やかな仕事ぶりで知られていた。並び頭の鬼蜘蛛の弁蔵が力で皆をま...