弱虫(チンピラ)

弱虫だからチンピラになったと自認する北爪修が、ヤクザの世界で自分を貫いていく姿を描く任侠マンガ。立原あゆみの代表作『本気!』に登場する組織・風組や紅屋組などが登場し、世界設定を共有している。

概要・あらすじ

北爪修月島組の一員。ある日景子という女性を助けるが、彼女はの組の組長の愛人だった。景子に再び助けを求められるが何もできなかったは、景子から「弱虫」とよばれる。「弱虫だからチンピラになった」と自答する景子に惹かれる複雑な想いを秘めたまま、月島組で自分の道を貫いていく。

登場人物・キャラクター

北爪 修 (きたづめ おさむ)

月島組のかけだし組員。月島組幹部・船水の舎弟分。登場当初は風俗店などのビラ貼りをしのぎとしていた。リーゼントヘアでいつも背中に白い化け物の絵が入った革ジャンを着ている。喧嘩に強く、度胸もあり、セックスも強いことから女性にもてる。しかし、北爪修はそれをひけらかすことなく、やくざとしての分をわきまえ控え目な態度を崩さない。 心惹かれた女性・景子が組長の愛人であることがわかり、助けを求められても何もできなかったことにやるせない想いを秘めている。

景子 (けいこ)

月島組・組長の愛人。逃げ出したところを北爪修に匿われるが、そのあとまた連れ戻される。「連れて逃げてほしい」との願いを修に伝えるが拒絶され、「弱虫……」とつぶやいた。その後、景子と修の気持ちは惹かれ合う。しかし、景子の体も心も自分のものにしたい月島組・組長によって、彼女は覚醒剤中毒にされてしまう。 その後、景子は月島組・組長の束縛から逃れるため失踪をはかり、修は彼女を救うべく行動を開始する。

船水 (ふなみず)

月島組幹部。北爪修の直接の兄貴分。後に月島組若頭となる。為替相場で稼ぐ経済ヤクザで、月島組の経済状態を支えている。侠気あふれる人物であり、修は心の底から尊敬している。景子のため月島組を離れようとしていた修の心情をくみとり、「故郷の母が危篤」という段取りをして、修を旅立たせた。

月島組・組長 (つきしまぐみくみちょう)

北爪修が所属する月島組の組長。度量のない狭量な人物。北爪修は月島組・組長を親として尊敬しておらず、その忠誠心は船水にのみ向けられている。愛人の景子を溺愛しており、覚醒剤を彼女にうつことで自分の側につなぎとめようとした。かつて最愛の娘を亡くしており、その面影があることから景子に執着しているとされている。

朝村 (あさむら)

月島組幹部。地上げとノミ屋を主なしのぎとしている。武闘派ヤクザを自認しているが、いざとなった時の度胸はない。月島組の跡目を狙っており、何かと船水に対抗意識を燃やす。しかし、いざ金が無くなると船水の助けを借りにくる。北爪修を目の敵にしており、何かと無理難題を押しつける。

有美 (ゆみ)

北爪修の内縁の妻。スナックでホステスをしている。修の稼ぎがない時は、月島組への上納金を用立てるできた女。修に金銭で不自由させないよう特定の客と関係をもっている。修が景子を追って姿を消した後もずっと待ち続けた。

由夏 (ゆか)

登場時は高校生。高校生売春をしていたが、ひょんなことで知った面識のない北爪修の名を利用して甘い汁を吸っていた。売春行為が発覚し高校を退学となり、スナックのホステスとなるが、その後何かと修につきまとうようになる。後に、修の内縁の妻・有美の妹分となる。

章一 (しょういち)

登場当初は、北爪修を慕う町のチンピラ学生であり、ビラ貼りのしのぎを手伝っていた。その後、修の舎弟となって月島組の杯をもらおうとするが、修に拒絶される。結局、朝村の舎弟となって月島組・組員となるが、密かに修のことを慕い続け、力になろうとする。宏とはチンピラ学生の時からのコンビ。

(ひろし)

登場当初は、北爪修を慕う町のチンピラ学生だった。コンビを組む章一とともに修の舎弟となって月島組・組員となることを希望するが、修に拒絶されたため、朝村の舎弟となって月島組・組員となった。修を目の敵にする朝村の舎弟となった後も修のことを慕い、密かに力になろうとする。 章一とはチンピラ学生の時からのコンビ。

じいさん

北爪修の舎弟である老人。競輪場でもぐりのコーチ屋をしてトラブルに見舞われたところを修に助けられた。その後、修に生活の面倒を見てもらったことを恩義に感じ、舎弟となった。屋台の焼鳥屋をしのぎとする。

(あさ)

北爪修を兄貴分として慕うチンピラ。元は、景子との関わりで身を隠さねばならなくなった修が身を寄せた伊豆・新宮会の組員だった。修の世話係を命じられ、親しく接したことで、修に心酔。修が伊豆を離れることになった際には、自ら新宮会組長に破門を申し出て、千葉にやってきた。 その後、朝村の舎弟となって月島組に潜り込み、修を影ながらサポートした。ヤクザになる前は寺で修業しており、その時の名は珍念。修行僧であったことから「念仏の朝」という二つ名を持つ。

入来 (いりき)

月島組・組員。朝村の舎弟。傷害事件で刑務所に入っていたが、刑期があけて出所してきた。月島組一の武闘派をきどっており、喧嘩が強いと評判の北爪修に何かとちょっかいを出す。

集団・組織

月島組 (つきしまぐみ)

『弱虫(チンピラ)』に登場する組織。北爪修が所属する極道組織。元々は風組系長野組の系列だった。しかし、長野組・組長が風組から追放されたことで行動を共にし、風組系列を抜けて、関西の紅屋組傘下となった。

風組 (かぜぐみ)

『弱虫(チンピラ)』に登場する組織。関東最大の極道組織。組長は風岡翔。北爪修が所属する月島組は元々風組の末端組織であったが、長野組の風組離脱に呼応して、関西の組織・紅屋組の系列に鞍替えした。風組は、立原あゆみの『本気!』の主人公・白銀本気が所属する組織でもある。長野組・組長が風組を離脱するに至る詳細は『本気!』で描かれている。

紅屋組 (べにやぐみ)

『弱虫(チンピラ)』に登場する組織。関西の有力極道組織で、関東進出に色気を見せている。元風組大幹部の長野組・組長を迎えいれたことで、系列の月島組を傘下に組み入れた。

新宮会 (しんぐうかい)

『弱虫(チンピラ)』に登場する組織。伊豆の極道組織。極地天道会系。景子の一件で身を隠さねばならなくなった北爪修を匿った組織。朝は元々この組の構成員だった。

極地天道会

『弱虫(チンピラ)』に登場する組織。西日本系の組織で、関西では紅屋組と並んで二強と称される。北爪修をかくまった伊豆の新宮会はこの極地天道会の系列組織である。

書誌情報

弱虫 全30巻 日本文芸社〈ニチブンコミックス〉 完結

第1巻

(1997年9月発行、 978-4537097467)

第2巻

(1998年1月発行、 978-4537097658)

第3巻

(1998年5月発行、 978-4537097863)

第4巻

(1998年9月1日発行、 978-4537098020)

第5巻

(1999年3月1日発行、 978-4537098389)

第6巻

(1999年7月発行、 978-4537098570)

第7巻

(1999年12月発行、 978-4537098853)

第8巻

(2000年4月1日発行、 978-4537099089)

第9巻

(2000年8月発行、 978-4537099331)

第10巻

(2000年12月発行、 978-4537099607)

第11巻

(2001年4月発行、 978-4537099911)

第12巻

(2001年8月発行、 978-4537100198)

第13巻

(2001年12月発行、 978-4537100464)

第14巻

(2002年4月19日発行、 978-4537100808)

第15巻

(2002年8月19日発行、 978-4537101133)

第16巻

(2002年12月9日発行、 978-4537101461)

第17巻

(2003年4月18日発行、 978-4537101881)

第18巻

(2003年8月19日発行、 978-4537102222)

第19巻

(2003年12月19日発行、 978-4537102574)

第20巻

(2004年4月19日発行、 978-4537102925)

第21巻

(2004年8月9日発行、 978-4537103236)

第22巻

(2004年12月9日発行、 978-4537103595)

第23巻

(2005年2月18日発行、 978-4537103793)

第24巻

(2005年4月19日発行、 978-4537103991)

第25巻

(2005年8月10日発行、 978-4537104240)

第26巻

(2005年10月7日発行、 978-4537104431)

第27巻

(2005年12月9日発行、 978-4537104592)

第28巻

(2006年2月9日発行、 978-4537104783)

第29巻

(2006年5月11日発行、 978-4537104967)

第30巻

(2006年6月19日発行、 978-4537105056)

弱虫(チンピラ) 静かな逃避行編 景子 全3巻 日本文芸社〈Gコミックス〉 完結

第1巻

(2017年3月29日発行、 978-4537162790)

第2巻

(2017年4月28日発行、 978-4537162844)

第3巻

(2017年5月29日発行、 978-4537162899)

SHARE
EC
Amazon
無料で読む
マンガリスト
logo