張飛 益徳

張飛 益徳

蒼天航路(漫画)の登場人物。読みは「ちょうひ えきとく」。関羽雲長とは親族関係にある。

登場作品
蒼天航路(漫画)
正式名称
張飛 益徳
ふりがな
ちょうひ えきとく
関連商品
Amazon 楽天

概要

字は益徳。実在の古代中国の武将張飛がモデル。虎のような髭が特徴。粗暴で大酒飲みだが、侠気のある武将。元は劉備と敵対していたが、義兄と仰いでいた関羽が劉備と義兄弟の契りを交わしたため、不本意ながら自らも義弟となる。

関連人物・キャラクター

関羽雲長

字は雲長。実在の古代中国の武将関羽がモデル。長く美しい髭と、赤みを帯びた肌が特徴。美髯団の頭目だったが劉備と出会い張飛とともに義兄弟の契りを交わす。青龍偃月刀を愛用し、呂布と互角に渡り合うほどの強さを... 関連ページ:関羽雲長

登場作品

蒼天航路

後漢末期。曹操は幼い頃から破天荒で、天下を見据えた若者だった。時の朝廷は「十常侍」(10人の宦官)が権力を独占していた。北部尉だった曹操は、計略を使って 霊帝に「十常侍」弾劾の上奏を突きつける。しかし... 関連ページ:蒼天航路

SHARE
EC
Amazon
logo