蒼天航路

原作・原案李學仁、漫画・王欣太による同名の漫画作品『蒼天航路』をアニメ化。原作の「官都の戦い」の途中までのエピソードを描いている。史書『三国志』と小説『三国志演義』を翻案し、多くの三国時代もので悪役として描かれがちな曹操を主人公に据え、「最も人間に興味を示した英雄」として描いている。

  • 楽天
  • Amazon
正式名称
蒼天航路
ふりがな
そうてんこうろ
原作者
原作者
制作
マッドハウス
放送期間
2009年4月7日 〜 2009年9月29日
放送局
日本テレビ
話数
26話
ジャンル
歴史もの一般
 
三国時代

総合スレッド

蒼天航路(テレビアニメ)の総合スレッド
2016.03.22 15:50

新着関連スレッド

荀彧(蒼天航路)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.03.22 15:51
劉備 玄徳(蒼天航路)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.03.22 15:51

新着関連スレッドもっとみる

概要

高級官僚の家系に生まれた曹操は、不自由のない境遇に育つも、自由奔放な暮らしを続ける。彼は文武両面に才覚を発揮し、青年将校として幾多の手柄を挙げ、やがて激動の時代を動かす群雄の1人となる。「乱世の姦雄」とあだ名される彼は、やがて最大勢力の魏の長として、覇道を進んでいく。

登場人物・キャラクター

主人公
後漢の丞相にして、のちに三国の一角である魏の皇帝となる人物。幼少期から常識にとらわれない発想と言動で周囲を困惑させながらもカリスマ性を発揮し、一大勢力を築く。軍事・政治から武芸や芸術に至るまで、あらゆ...
中国大陸の西域地方に住む胡人で、茶屋の主人に買われた使用人。優しい美少女で、ギリシャやローマといった西域の物語を話すことから、曹操の寵愛を受ける。しかし茶屋の主人から宦官の張譲に売り渡されてしまう。 ...
旗揚げ前の曹操に、軍師として志願した天才少年。その知謀で曹操をよく補佐し、活躍。その後いったん曹操のもとを離れ、西域を旅して異民族と交わり、その才能をさらに磨き上げている。
昼は草履売りを営む一方で、夜は侠客として、民衆を助けていた。黄巾賊討伐に参加してから各地を転戦し、のちに蜀の皇帝となる人物。史書『三国志』の描写に忠実に、異様に長い腕と耳の持ち主として描かれている。
『蒼天航路』に登場する人物。劉備の生き様に惚れて義兄弟の契りをかわし、片腕として活躍。長身と赤みがかった肌、長い顎髭が特徴。「官都の戦い」で劉備が袁紹側についた際、曹操に敗北し、軍門に降る。 曹操に王...
『蒼天航路』に登場する人物。のちに呉の皇帝となる孫権の父。「江南の虎」と呼ばれる猛将として、董卓討伐で活躍。洛陽に一番乗りして、王者としての風格を身につける。しかし勢力を拡大する最中で狙撃を受け、志半...
『蒼天航路』に登場する人物。北方の軍閥の長で、政府が混乱した際に首都洛陽に乗り込み、帝を擁して暴虐非道の「魔王」として君臨し、漢朝を支配する。各国の群雄による連合軍に攻められ、劣勢になると、洛陽を火の...
『蒼天航路』に登場する人物。劇中最強の武人として描かれる。戦いでは猛牛のいななきのようなうなり声を上げつつ、獣のごとく暴れて敵を蹂躙する。最初は丁原の配下であったが、董卓に見出されるとあっさりこれを裏...
『蒼天航路』に登場する人物。漢朝の名門、袁家の頭領。曹操とは幼なじみで、よく彼の奔放な行動をたしなめていた。信条は何事も王道を歩むことであり、堅実な戦略から、河北地方に一大勢力を築く。
『蒼天航路』に登場する人物。袁紹の異母弟で、兄とは別に、南方に一大勢力を築く。皇帝の証である玉璽を手に入れたことを機に、皇帝を自称し、曹操との決戦に挑むも、荀彧の策により大敗を喫し、勢力を失う。

クレジット

原作 李學仁        
総監督    
シリーズ構成 高屋敷英夫    
総作画監督 加野晃     吉田大輔    
音楽 村井秀清    
アニメーション制作 マッドハウス    

原作

後漢末期。曹操は幼い頃から破天荒で、天下を見据えた若者だった。時の朝廷は「十常侍」(10人の宦官)が権力を独占していた。北部尉だった曹操は、計略を使って 霊帝に「十常侍」弾劾の上奏を突きつける。しかし...