御剣 そよぎ

御剣 そよぎ

海の御先(漫画)の登場人物。読みは「みつるぎ そよぎ」。別称、そよぎ。

登場作品
海の御先(漫画)
正式名称
御剣 そよぎ
ふりがな
みつるぎ そよぎ
別称
そよぎ
関連商品
Amazon 楽天

概要

ロングヘアーのメガネっ娘で、モデルのようなスタイルを持つ女の子。そよぎの名の由来は、「戦う」という字で「戦ぎ」と書くことから。と同じ高校2年生で、家事が得意ではなく特に料理が苦手だが、自らの意志で出家して一人暮らしをしている。御先の巫女の一人で、守りを司る風の巫女のため、風を読むことができ、風の御先という島の中で一番風を読みやすい場所がそよぎの聖地である。

巫女としての習い事の中では、三線も弾くことができるが、演武が一番得意。朝はジョギングをしている。また、釣りが好きで、特に海に糸を垂らして物思いにふけるのが好きである。完璧主義な性格のため、いろんなことをそつなくこなす器用さがあるが、恋愛事となると不器用になり、火凛との差に、自分で自分を追い詰めることもあった。

以前は、自分が御先の巫女として完璧だと思っており、火凛よりも自分の役目を果たす事が出来、自分こそが龍神にふさわしい巫女であると思っていたが、実際に龍神であるが現れて、自分は何も出来ず、決して完璧な人間ではないということを思い知らされる。

そして、本当のそよぎはコンプレックスから逃げてばかりで、臆病で人に依存していないと自己の証明が出来ない、脆くて弱々しく儚い存在であることが判明。昇龍祭の後、に対する依存心が強くなり、自分は無しでは生きていられないことを痛切に感じている。

登場作品

海の御先

東京から遥か遠く離れた南の島の奥津島にやってきた後藤凪は、3人の女の子達と出会う。彼女達はこの島で神と祀られている龍神に仕える御先の巫女であった。そして、実は凪こそが龍神の生まれ変わりだとわかり、奇妙... 関連ページ:海の御先

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

関連人物・キャラクター
後藤 凪
鳴海 雫
南雲 火凛
南雲 凛音
如月 珠江
里美 恵子
龍神
御先の巫女
場所
海の御先
奥津島
イベント・出来事
昇龍祭
logo