成海 比呂

Piece(漫画)の登場人物。読みは「なるみ ひろ」。成海皓とは親族関係にある。

  • 成海 比呂
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
Piece(漫画)
正式名称
成海 比呂
ふりがな
なるみ ひろ

総合スレッド

成海 比呂(Piece)の総合スレッド
2016.01.25 12:41

概要

成海晧の1つ上の兄。晧と同様に精神科医の母親の研究材料として、茨城の家で監視管理のもと育てられた。晧とは正反対の性格で、大人しくいじめられっこで、言葉の代わりに絵で感情を表現する。幼いころ、家政婦に連れられた晧と会って遊んだこともある。20歳になり、育った家を離れて、神戸に住む。

思春期に入ったあたりから極度の女性恐怖症になり、女性に触ることもできなかった。茨城にコウジを探しにきたはるかと偶然に出会い、自分の過去を話すまでの仲になる。

登場人物・キャラクター

水帆の同級生。高校時代はわざと赤点ばかりを取っていて、1浪して大学に入学した。高校の時ははるかに話しかけていた数少ない人物。人によって良くも悪くも評価が分かれ、本心がわかにくい人物。誰とも距離近く接し...

登場作品

須賀水帆は人並みに友人もいる女子大生だが、自分自身で友人の間に壁を作っていた。突然亡くなった高校時代のクラスメイトのことを友人の母親や元クラスメイトから聞くうちに、自分のトラウマと向き合うこととなる。