手仮名 左近

手仮名 左近

下苅り半次郎(漫画)の登場人物。読みは「てがな さこん」。

登場作品
下苅り半次郎(漫画)
正式名称
手仮名 左近
ふりがな
てがな さこん
関連商品
Amazon 楽天

概要

館林藩主の徳川綱吉に仕えるくノ一。根来忍び女を率いている。配下のくノ一を御仏の子宮を持つ女性に仕立て、公儀御広敷伊賀者の堤半次郎を利用したが失敗。さらに自身を御仏の子宮を持つ女性に仕立てたが、これも半次郎に見破られる。くりかえされる闘争の渦中で半次郎を愛するようになるが、綱吉に使い捨てにされ死亡した。

関連人物・キャラクター

堤 半次郎

公儀御広敷伊賀者。胎内回帰による転生で、再び人間に生まれるためには、御仏の子宮を持つ女性が必要だと聞かされた、徳川四代将軍の徳川家綱の命を受け、御仏の子宮を捜す旅に出る。女郎の陰毛の手入れをする下刈り... 関連ページ:堤 半次郎

登場作品

下苅り半次郎

江戸中期。徳川四代将軍の徳川家綱より、御仏の子宮を持つ女性を見つけ出すよう命じられた公儀御広敷伊賀者の堤半次郎が、数奇な人生を歩んでいく。 関連ページ:下苅り半次郎

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

関連人物・キャラクター
堤 半次郎
徳川 綱吉
場所
その他キーワード
御仏の子宮
logo