才賀 貞義

才賀 貞義

からくりサーカス(漫画)の登場人物。読みは「さいが さだよし」。

登場作品
からくりサーカス(漫画)
正式名称
才賀 貞義
ふりがな
さいが さだよし
関連商品
Amazon 楽天

概要

ディーン・メーストルが日本で才賀正二の息子を演じるために名乗った名前が「貞義」。正二が引き取った孤児を弟の才賀善治とし、またいろいろなところから子どもを集め、長男・才賀孝太郎、次男・徳臣、長女・佳代、次女・貴子とした。さらに自分の記憶と人格を転送(ダウンロード)するための器として、愛人との間に才賀勝という子どもを作った。しかし「しろがね」となった人間は生殖能力が極めて低いため、本当に血縁関係があるかどうかは定かではない。また、「生命の水(アクア・ウイタエ)」といっても、白銀が溶け込んだものを飲んだのではないため、貞義は厳密には「しろがね」ではない。

白金のときにはフランシーヌ、ディーンのときにはアンジェリーナと、それぞれ相思相愛になれなかった。そこでアンジェリーナの体内にある「柔らかい石」を手に入れるために、正二に変装して黒賀村の村人を隣村に移動させ、自動人形(オートマータ)にそっくりな人形を作りアンジェリーナたちを襲わせた。この人形たちがフランシーヌ人形の命令を聞かなかったのは、そのためである。

アンジェリーナの体内に「柔らかい石」がなかったことを知ると、今度は勝に自分の記憶と人格を転送し、勝とエレオノールが一緒になることを目的にする。まずはエレオノールを日本に派遣しようとするが、これ自体は図らずも正二がそのように行動させてしまった。エレオノールのことは「勝を守れば人間になれる」と洗脳してあるため、勝に自分の遺産180億円を相続させて親族同士の争いを起こさせ、同時に黒賀村の人形使いとその糸操り人形を破壊。これらの争いから勝をエレオノールに守らせ、自分は勝に記憶と人格を転送することを計画。

自分の計画に邪魔な正二を亡き者にしようと、1997年に黒賀村にゾナハ病を撒き散らして正二をおびき出した。糸繰り人形の「キャプテン・ネモ」で正二の車を破壊し、「ゴイエレメス」によって正二にとどめを刺したと思いきや、それは精巧に作られた糸繰り人形(才賀正二(糸繰り人形))だった。正二はすでに先手を打って、貞義の記憶と人格の転送に必要なデータを焼き払っていた。このデータ焼失により転送の作業は3年遅らせざるを得なくなってしまう。

3年後の2月17日、睡眠薬の入ったココアで勝を眠らせ、車の助手席に搭載した転送システムで勝への転送を開始。しかし、高速道路で待ち構えていた正二と黒賀村の者たち、ギイ・クリストフ・レッシュによって行動を阻止される。濃度94パーセントの濃硫酸のプールを内蔵したタンクローリーで車の前を塞がれ、さらに正二が糸繰り人形を車のタイヤに巻き込ませたため、正二とともに車の外に投げ出されてしまう。そして正二に掴まれたまま、濃硫酸のプールに一緒に落下するが、濃硫酸に体を溶かされながらも機械を分解し、誰にも気付かれずに脱出することに成功した。

その後は体を機械で補強し、フェイスレスという名で再び「しろがね」の中に入り込み、ついには「しろがね-O」の総司令という立場を得るまでとなった。

登場作品

からくりサーカス

拳法の達人である加藤鳴海と、莫大な財産を相続したため親族に命を狙われるようになった才賀勝、そして「しろがね」を名乗るエレオノールという女性を中心にした、人類と、人類に仇なす自動人形との戦いを描いたファ... 関連ページ:からくりサーカス

SHARE
EC
Amazon
logo