白 金

白 金

からくりサーカス(漫画)の登場人物。読みは「ばい じん」。クローグ村とはライバル関係。白 銀とは親族関係にある。

登場作品
からくりサーカス(漫画)
正式名称
白 金
ふりがな
ばい じん
関連商品
Amazon 楽天

概要

1700年代の中国のある村で、糸操り人形を芸として見せる白家に生まれる。白銀の弟。家業を極めるための努力を怠らず、より良い人形を生み出すことを目指し、その極致としての錬金術を修めるため、兄の白銀とともにチェコ共和国・プラハを訪れる。プラハでは錬金術の習得に勤しむ一方、人生を楽しみたいとも考えていた。

プラハで過ごすうち、リンゴ売りをしていたフランシーヌに想いを寄せるようになる。しかし白銀とフランシーヌが、互いに想いを寄せあうようになったことを知って人格が崩壊し、フランシーヌを無理矢理さらってプラハから逃亡した。4年ほどの放浪の後、フランシーヌの生まれ故郷・クローグ村に落ち着くが、その地でフランシーヌが病を発症し、蔓延を恐れた村人たちによって彼女は隔離されてしまう。

その後、後を追ってきた白銀と再会。それぞれ独自に、フランシーヌを治癒させるための「生命の水(アクア・ウイタエ)」錬成に努める。「生命の水」の元となる「柔かい石」の生成に成功するが、白銀に一歩遅れ、さらに白銀からフランシーヌが命を絶ったことを知らされ遺髪を託される。

白銀がクローグ村を去った後も白金は留まり続け、23年の歳月をかけてフランシーヌ人形の作成に成功した。その人形はフランシーヌの容姿を模し、本物のフランシーヌの髪を植毛し、「生命の水」を与えることで自立思考を獲得したものだった。しかしフランシーヌ人形はなぜか笑うことができなかったため、彼女を笑わせるためにアルレッキーノパンタローネコロンビーヌドットーレの4体の自動人形(オートマータ)を作った。それでもフランシーヌ人形は笑うことができない。白金は、その原因がフランシーヌを隔離して自ら命を絶つ原因を作ったクローグ村の住人にあると考え、他人を笑わせなければならないゾナハ病を作り出して村に蔓延させた。

それだけのことをしてもフランシーヌ人形が笑わないことに絶望し、白金は自分が作った人形たちを置き去りにして村を去った。放浪の末、自らの生まれ故郷である中国の村で命を絶つことを決意。まさに死を受け入れようとしたそのとき、「生命の水」には溶けた人間の心が宿ること、フランシーヌ人形に本物のフランシーヌの髪を使用していたことを思い出す。その髪を「生命の水」に溶かし、それを別の人間に飲ませれば、フランシーヌの記憶を持った人間を作り出すことができると考える。

しかし、フランシーヌ人形を探しに行くには、今の自分は老い過ぎていることに気づき、「生命の水」を使った人格転送を実行。あらかじめ自分の髪の毛を溶かした「生命の水」を飲ませて「しろがね犬」にした犬を訓練し、生まれ故郷の村から自分の血縁にあたる少年を拉致し、その少年にしろがね犬が訓練に従って「生命の水」を飲ませた。

実験は成功し、若い体を手に入れた白金は、フランシーヌ人形と別れたクローグ村に向かった。そこにはフランシーヌ人形の姿はなかったが、自分の住んでいた館は「しろがね」たちの拠点となっており、さらにフランシーヌとそっくりなアンジェリーナという少女と出会う。ひと目でアンジェリーナに心を奪われた白金は、とっさに「ディーン・メーストル」と名乗り、自身も「しろがね」の一員としてアンジェリーナを守ることで、彼女の心を獲得しようとする。

関連人物・キャラクター

白 銀

1700年代の中国のある村で、糸操り人形を芸として見せる白家に生まれる。白金の兄。家業を極めるための努力を怠らず、より良い人形を生み出すことを目指し、その極致としての錬金術を修めるため、弟の白金ととも... 関連ページ:白 銀

フランシーヌ

1700年代、チェコ共和国・プラハの街角でリンゴ売りをしていた少女。フランスのキュベロンにあるクローグ村出身だが、少女時代に口減らしのために人買いに売られ、プラハへとやってきた。プラハで人買いから逃げ... 関連ページ:フランシーヌ

フランシーヌ人形

フランシーヌを失った白金によって生み出された最初の自動人形(オートマータ)。本物のフランシーヌの髪の毛が植毛されており、また霊薬・「生命の水(アクア・ウイタエ)」を与えられたことで自立思考が可能。人間... 関連ページ:フランシーヌ人形

才賀 正二

江戸時代の長崎で「乙名頭取」を父として生まれた。幼名は「成瀬正二郎」。次男であるため、父親の仕事に同席することは許されていない。少年時代に、医師として来日した老境の白銀(オランダ人のジャコブ・インと名... 関連ページ:才賀 正二

エレオノール

「自分の身に危険が迫ったら、一番近くのサーカスに行って助けを求めよ」と祖父・才賀正二に言われた才賀勝の前に現れた、銀髪で銀目の美しい女性。年齢は18歳で身長168cm。幼い頃、正二に「勝という少年を守... 関連ページ:エレオノール

才賀 勝

物語登場時は小学5年生の11歳で身長138cm。元々は母親と2人で暮らしていたが、勝が小学2年生のときに母親が心臓病で他界すると、世界的大企業・サイガの社長である才賀貞義の息子であることを知らされる。... 関連ページ:才賀 勝

アルレッキーノ

「からくり編」に登場する、フランシーヌ人形と同時期に白金によって作り出された自動人形(オートマータ)。白金に去られたフランシーヌ人形が錬成した擬似体液によって自我を与えられ、パンタローネ、コロンビーヌ... 関連ページ:アルレッキーノ

関連キーワード

しろがね

白銀がその中に溶け込んだ霊薬・「生命の水(アクア・ウイタエ)」を摂取することで生まれる存在。「生命の水」本来の力で身体能力が通常の人間の5倍に向上すると同時に、老化のスピードが下がり5年に1歳ずつしか... 関連ページ:しろがね

ゾナハ病

「ZONAPHA病」や「Z.O.N.A.P.H.A. Syndrome」とも表記される、呼吸困難から痛みを伴い、死に至る奇病。正式名称は「他者の副交感神経系優位状態認識における生理機能影響症」という。... 関連ページ:ゾナハ病

クローグ村

フランスのキュベロン地方に存在した、北西から冷たい潮風が吹き付ける質素な村。5月の収穫を祝う祭の日に、白金がフランシーヌ人形を笑わせるため、自動人形の「最古の四人」であるアルレッキーノ、パンタローネ、... 関連ページ:クローグ村

サハラ戦

200年の間、「真夜中のサーカス」の居場所は、何度かの偶然以外には突き止められなかったが、しろがね犬の嗅覚により、サハラ砂漠にあることが、ルシール・ベルヌイユ、加藤鳴海、梁明霞(ミンシア)「によって特... 関連ページ:サハラ戦

しろがね-O

フェイスレスによって生み出された、「しろがね」を人体改造で強化した存在。テトラカーボン製の骨格に有機合成繊維の筋肉、デジタライズされた神経系を有している。改造の結果、眼球すべてが銀色になっている。通常... 関連ページ:しろがね-O

自動人形

白金によって「生命の水(アクア・ウイタエ)」を与えられたフランシーヌ人形が作り出した、自立思考する人形。フランシーヌ人形が、自分が笑えなかったために造物主の白金が去ったと考えたため、自動人形はフランシ... 関連ページ:自動人形

登場作品

からくりサーカス

世界観作品全体を通して描かれているのは、兄と弟、そして命の大切さと笑顔。これらが密接に登場人物の行動や考え方に関わってくる。ひとりの女性を巡って対立する兄弟、ひとりの女性を想い合う兄のような存在と弟の... 関連ページ:からくりサーカス

SHARE
EC
Amazon
logo