アンジェリーナ

アンジェリーナ

からくりサーカス(漫画)の登場人物。別称、才賀 アンヂェリイナ。ルシール・ベルヌイユ、エレオノールとは親族関係にある。

登場作品
からくりサーカス(漫画)
正式名称
アンジェリーナ
ふりがな
あんじぇりーな
別称
才賀 アンヂェリイナ
関連商品
Amazon 楽天

概要

白金によって襲撃されたクローグ村に住んでいたルシール・ベルヌイユの娘。クローグ村の生き残りとして「しろがね」になった者の中で、唯一の子どもだった。

生命の水(アクア・ウイタエ)」が溢れる井戸の底からその源となる「柔らかい石」が取り出されたが、空気中では溶け続けてしまううえに、人間の体の中にしか保存できないものだった。しかも大人の体に入れると拒否反応が出てしまうため、ただひとりの子どもであるアンジェリーナの体内に「柔らかい石」は入れられた。

その後、「柔らかい石」を狙ってくる自動人形(オートマータ)の囮として、最前線に立たされ続ける。途中から「しろがね」の本拠地に参加したディーン・メーストルとは、年が近かったこともあり息の合ったコンビとして自動人形相手に善戦していた。

だが彼女は成長するにつれ、宿敵であるフランシーヌ人形に瓜二つの容姿となっていった。これはフランシーヌ人形のモデルであるフランシーヌがアンジェリーナの叔母だったゆえだが、「しろがね」の中にはその事情を知る者がいないため、いつしか不信の念を抱かれるようになっていった。

アンジェリーナが「しろがね」になってから16年後、ルシールから村を去るように言われ、いつか「しろがね」であるアンジェリーナを受け入れ愛してくれる男性が見つかったときのために「生命の水」を渡される。各国を渡り歩き、連れ合いを探す日々を送るが、心を預けた男性は嫌悪感を露わにするか好奇心を示すかで、寄り添おうとはしてくれなかった。

傷心のアンジェリーナは日本を訪れ、身を隠すように遊郭で「遠野太夫」と名乗って暮らしていたところ、才賀正二と運命の出会いを果たす。自分のために「しろがね」になってくれた正二と心を通わせ夫婦となり、「才賀アンヂェリイナ」と名乗る。正二は「才賀機巧社」を創業し、少年時代に出会った白銀に習ったからくり人形作りのノウハウと、妻であるアンジェリーナが「しろがね」として持つ人形知識を生かして、「しろがね」のための糸操り人形を提供するようになる。そんな2人をフォローするために「しろがね」の本部からディーン・メーストルが派遣されてくる。

ディーンの協力で事業を発展させていく中、1909(明治42)年、「しろがね」としては例のないことだがアンジェリーナは正二の子どもを身ごもった。出産のため訪れた黒賀村で、生まれてくる赤ん坊と「柔らかい石」を「しろがね」のために奪おうとするギイ・クリストフ・レッシュ、そして自身を分解してほしいと望むフランシーヌ人形と出会う。

しかし実際に赤ん坊・エレオノールが生まれると、ギイもフランシーヌ人形もエレオノールを慈しんでくれたため、両名を信頼するようになる。そんな折、黒賀村が自動人形に襲撃され、アンジェリーナも奮戦するが、ギイをかばって攻撃を受けたため死亡した。

関連人物・キャラクター

ルシール・ベルヌイユ

「からくり編」に登場。元々はクローグ村で平凡な主婦として生活していた。5月の収穫を祝う祭の日、フランシーヌ人形と白金が率いる自動人形(オートマータ)の「最古の四人」であるアルレッキーノ、パンタローネ、... 関連ページ:ルシール・ベルヌイユ

才賀 正二

江戸時代の長崎で「乙名頭取」を父として生まれた。幼名は「成瀬正二郎」。次男であるため、父親の仕事に同席することは許されていない。少年時代に、医師として来日した老境の白銀(オランダ人のジャコブ・インと名... 関連ページ:才賀 正二

ギイ・クリストフ・レッシュ

「しろがね」としては比較的若い、糸操り人形(マリオネット)・「オリンピア」の繰り手。軽井沢のからくり屋敷で左腕を付け根から失う大けがを負った加藤鳴海を救出し、最後の「生命の水(アクア・ウイタエ)」を飲... 関連ページ:ギイ・クリストフ・レッシュ

エレオノール

「自分の身に危険が迫ったら、一番近くのサーカスに行って助けを求めよ」と祖父・才賀正二に言われた才賀勝の前に現れた、銀髪で銀目の美しい女性。年齢は18歳で身長168cm。幼い頃、正二に「勝という少年を守... 関連ページ:エレオノール

関連キーワード

しろがね

白銀がその中に溶け込んだ霊薬・「生命の水(アクア・ウイタエ)」を摂取することで生まれる存在。「生命の水」本来の力で身体能力が通常の人間の5倍に向上すると同時に、老化のスピードが下がり5年に1歳ずつしか... 関連ページ:しろがね

黒賀村

奈良県に存在し、伝統技能として人形操りが現代にも伝えられている村。毎年大晦日には、村の子どもたちが人形繰りの技量を競い合う人形相撲という行事が行われる。平安時代から村をあげて神社に神楽の人形舞を奉納し... 関連ページ:黒賀村

登場作品

からくりサーカス

拳法の達人である加藤鳴海と、莫大な財産を相続したため親族に命を狙われるようになった才賀勝、そして「しろがね」を名乗るエレオノールという女性を中心にした、人類と、人類に仇なす自動人形との戦いを描いたファ... 関連ページ:からくりサーカス

SHARE
EC
Amazon
logo