拝 大五郎

拝 大五郎

新・子連れ狼(漫画)の主人公。読みは「おがみ だいごろう」。

登場作品
新・子連れ狼(漫画)
正式名称
拝 大五郎
ふりがな
おがみ だいごろう
関連商品
Amazon 楽天

概要

元公儀介錯人拝一刀の息子。無数の人の死を見てきたことで、幼くして生死の境を超越した死生眼を獲得した。裏柳生総帥柳生烈堂との死闘により父親が死去した後、薩摩示現流の開祖東郷重位に拾われ、かりそめの父子となる。薩摩藩取り潰しを企む徳川幕府の老中松平伊豆守の陰謀に巻き込まれ、重位と共に、数々の闘いに挑む。

伊豆守の野望を挫くため、徳川将軍の命を狙った。江戸城へ斬り込む直前に、重位から薩摩示現流の印可を受けている。

関連キーワード

薩摩示現流

『新・子連れ狼』に登場する流派。東郷重位によって創り出された剣の流派。一撃必殺を旨とした鋭い斬撃と、猿叫と呼ばれる独特の掛け声で知られる。

登場作品

新・子連れ狼

父親の死後、剣客の東郷重位に拾われた拝大五郎が、薩摩藩取り潰しを企む幕府老中の陰謀に巻き込まれていく。同原作者による『子連れ狼』の続編。原作小池一夫、作画原案小島剛夕。 関連ページ:新・子連れ狼

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

関連人物・キャラクター
東郷 重位
松平 伊豆守
間宮 林蔵
集団・組織
黒鍬者
場所
その他キーワード
前作
子連れ狼
logo