搦の手風

カムイ伝(漫画)の登場人物。読みは「からみのてぶり」。カムイとはライバル関係。

  • 搦の手風
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
カムイ伝(漫画)
正式名称
搦の手風
ふりがな
からみのてぶり

総合スレッド

搦の手風(カムイ伝)の総合スレッド
2016.01.25 12:43

概要

公儀隠密団の小頭。日置藩の秘密と、抜忍となったカムイを追って、死闘を繰り広げる。しかしカムイの策により、日置藩の秘密を知り、自分も抹殺されることを確信。抜忍になることを余儀なくされる。

登場人物・キャラクター

日置藩の夙谷で生まれた非人の双子の兄。やはりカムイと呼ばれていた弟が若くして死ぬと現れた。非人の身分を嫌い、剣の道を志すが、公儀隠密に誘われ、下忍となる。しかし、抜忍となった師匠の赤目を追ううちに、し...

関連キーワード

七万石の外様の小藩。藩主の日置弾正は暗愚であり、藩政は目付けの橘軍太夫に壟断されている。苛斂誅求に喘ぐ百姓たちが、何度か一揆を起こしている。徳川家康の秘密を握っており、それを暴くために多数の公儀隠密が...

登場作品

江戸時代の日置藩。夙谷の非人部落に生まれ、公儀隠密の下忍になりながら、抜忍の道を選ぶカムイ。花巻村の百姓の中でも最下層の下人から、身を起こし、やがて一揆のリーダーとなる正助。日置藩の次席家老の嫡男だっ...