新・巨人の星

新・巨人の星

かつて巨人軍のエースとして活躍するが肩を壊して引退した星飛雄馬が、右投手として再起し、もう一度「巨人の星」を目指して奮闘する姿を描いたスポ根野球漫画。『巨人の星』の続編。

正式名称
新・巨人の星
作画
原作
ジャンル
野球
レーベル
講談社漫画文庫(講談社) / 講談社プラチナコミックス(講談社)
巻数
全6巻
関連商品
Amazon 楽天

概要・あらすじ

長嶋茂雄率いる読売巨人軍が球団初の最下位に低迷していた頃、代打成功率100%を誇る謎の助っ人が、草野球の世界で話題となっていた。その男こそ、かつて巨人軍でエースとして活躍した後、肩を壊して投手を引退した星飛雄馬であった。飛雄馬は、親友・伴宙太の協力の下、ひそかに巨人軍に復帰するために打者としての猛特訓に明け暮れていた。

ある日、ふとしたきっかけから右手で投げた球の球威に、右投手としての可能性を見いだす。かくして飛雄馬は再び「巨人の星」を目指すこととなるのであった。

登場人物・キャラクター

星 飛雄馬

かつて魔球・大リーグボールを駆使して巨人軍のエースとして活躍するも、魔球の代償として肩を壊してしまい、選手を引退して行方知れずになっていた。その後、伴の協力の下、打者での巨人軍復帰を狙っていたが、ふとしたきっかけで右投手としての可能性を見い出す。打者として巨人軍に復帰してからは、代走で活躍しながらひそかに右投げの特訓を続け、ようやく投手としての復帰を果たした。 その後、投球フォームの弱点の修正に成功するが、日本シリーズで阪急打線に打ち込まれたことで、あらためて魔球の必要性を痛感。そしてついに新たな魔球「大リーグボール右1号」を編み出す。

星 一徹

飛雄馬の実父。小さい頃から飛雄馬に野球の英才教育を施し、飛雄馬がプロ入りしてからは、ライバル球団のコーチとして立ちはだかった。飛雄馬が球界から消えた後は、自らもコーチを辞め、隠居生活を送っていた。娘の明子が花形と結婚した後も、同居はせずに長屋で一人暮らしをしている。 当初は、飛雄馬の球界復帰に反対していたが、飛雄馬が復帰してからは協力するようになる。下半身を鍛える「大リーグボール養成ギブス右投手用」を作って飛雄馬に与えた。

花形 明子

飛雄馬の実姉。旧姓は星。幼い時から飛雄馬にとって母親のような存在であった。後に花形にプロポーズされ結婚する。慎み深く、陰で家庭を支えるタイプ。弟の飛雄馬に続き、夫の花形までが再びプロ野球の世界に足を踏み入れたことに心を痛めている。

伴 宙太

飛雄馬の高校時代からの親友で、プロ野球でもチームメイト、ライバルとして活躍した。飛雄馬が失踪してからは選手を引退。伴重工業の常務となっている。飛雄馬の現役復帰を陰からサポートしており、プロ野球の2軍選手を雇って飛雄馬の練習相手をさせたり、アメリカからビッグ・サンダーをコーチとして招聘したりした。

花形 満

かつて高校野球、プロ野球で飛雄馬と闘ったライバル。飛雄馬失踪後、選手を引退し花形モータースの重役となり、星明子と結婚する。一徹同様、飛雄馬の球界復帰には反対していたが、投手として復活した飛雄馬の活躍を見ているうちに、ライバルの血が黙ってはおらず、ヤクルトの入団テストを受けて難なく合格。 球界復帰を果たすと、再びライバルとして飛雄馬の前に立ちはだかる。

左門 豊作

飛雄馬の高校時代からのライバル。大洋ホエールズ所属。飛雄馬が失踪した後も現役を続けていた。飛雄馬が打者として復帰するために、セ・リーグの投手の球種や投球癖などを記したメモ、通称「左門メモ」を見せて欲しいと伴に頼まれる。一度は断るものの、飛雄馬への恩義もあり、伴に左門メモを貸すこととなった。 飛雄馬が投手として完全に復活した後、投球フォームの癖から球種を見抜き、完璧に打ち込むことに成功している。

長嶋 茂雄

読売巨人軍監督。スタープレーヤーとして華々しい活躍を遂げた後、巨人軍監督に就任する。就任1年目は球団史上初のリーグ最下位に甘んじたが、翌年、翌々年と2年続けてリーグ優勝を果たしている(日本シリーズは2年とも阪急に敗れる)。選手時代から飛雄馬の良き先輩であり、理解者でもある。 飛雄馬が現役復帰した際には、自身の背番号「3」を与えている。実在の人物である長嶋茂雄がモデル。

王 貞治

読売巨人軍の選手。ポジションは一塁手。世界に名だたるホームラン打者で、1977年、756号の世界記録を達成した。飛雄馬とは少年時代からの知り合いであり、巨人軍においても頼れる先輩となっている。飛雄馬が左門に球種を読まれて2軍落ちした際には、投球フォームの癖についてアドバイスしている。 実在の人物である王貞治がモデル。

掛布 雅之

阪神タイガースの選手。ポジションは三塁手。飛雄馬の「スクリュー・スピン・スライディング」に対抗する技をビッグ・サンダーより伝授され、飛雄馬を破っている。右投手としてマウンドに立った飛雄馬の最初の打者であり、その勝負では飛雄馬に三振に切って取られている。 物語序盤の飛雄馬のライバル的存在。実在の人物である掛布雅之がモデル。

ビッグ・ビル・サンダー

元メジャーリーガーで、投手から打者に転向して成功した名選手。伴の招きで来日し、飛雄馬を鍛えるため、打撃投手となり、左門メモに基づき、セ・リーグの主力投手の球筋を再現してみせた。さらに飛雄馬に「スクリュー・スピン・スライディング」を教えている。後に阪神のコーチに就任し、掛布にスクリュー・スピン封じの技を伝授した。

ロメオ・南条

ビッグ・サンダーが帰国後、日本に送り込んできた南米リーグ出身の選手。南米リーグでは盗塁王に輝く俊足で、ビッグ・サンダーの指導で打撃も開眼。左投げのスイッチヒッターで、4割近い打率を残す巧打者であると同時に、左右でホームランを打てるスラッガー。「真の虎(リアル・タイガー)」のニックネームを持つ。 試合中、鷹ノ羽圭子を巡る暴言で飛雄馬に殴られてしまい、そのシーズンは不本意な成績に終わるが、シーズンオフにアメリカで特訓し、百発百中のピッチャー返しを会得して飛雄馬に挑む。

鷹ノ羽 圭子

女優。初対面で飛雄馬に恋をしてしまう。出演する番組のスポンサーが伴重工業だったため、伴と知り合う。圭子に一目惚れした伴がプロポーズするが、飛雄馬が意中にあったため断る。飛雄馬も圭子のことを憎からず想っていたが、伴との友情を選んだため、結果的に振られてしまう。

その他キーワード

スクリュー・スピン・スライディング

『新巨人の星』に登場する技。回転しながらベースにスライディングする走塁術で、回転の勢いにより相手選手を弾き飛ばしたり、恐怖からエラーを誘発したりする荒技。「殺人スライディング」とも呼ばれている。ビッグ・サンダーが飛雄馬に伝授した。後に、同じく回転の力で威力を相殺する封じ技をマスターした掛布によって破られてしまう。

大リーグボール右一号

『新巨人の星』に登場する魔球。バッターとキャッチャー、そして審判にのみ、ボールが3つに見えるという魔球。それ以外の選手や観客からは、平凡なストレートにしか見えない。別名「蜃気楼の魔球」。投球ごとに大変な疲労を伴い、続けて投げることは難しく、3球続けるとその後の登板が困難になるといわれている。 3つの球のうち本物の球には影が生じるので、キャッチャーはその影を見て捕球するのだが、花形や左門にその特性を見破られ、攻略されてしまう。

アニメ

新巨人の星

魔球の多投で左腕を酷使し、選手生命を失った星飛雄馬は、引退して隠遁生活を送っていた。しかし長嶋茂雄新監督率いる古巣、読売ジャイアンツの低迷を救うべく、球界復帰を決意。親友伴宙太の助力を得てカムバックを... 関連ページ:新巨人の星

書誌情報

新巨人の星 全6巻 講談社〈講談社漫画文庫〉 完結

第1巻

(1995年12月発行、 978-4062601566)

第2巻

(1995年12月発行、 978-4062601573)

第3巻

(1995年12月発行、 978-4062601580)

第4巻

(1996年1月発行、 978-4062601597)

第5巻

(1996年1月発行、 978-4062601603)

第6巻

(1996年1月発行、 978-4062601610)

SHARE
EC
Amazon
logo