新宿まんが村

新宿まんが村

昭和38年。漫画家を目指して、赤塚不二夫に弟子入りした南けんいちを描く漫画家自伝エッセイマンガ。『釣りバカ日誌』の作者、北見けんいちのアシスタント時代の物語。

正式名称
新宿まんが村
作者
ジャンル
自伝
 
エッセイ
レーベル
マンサン コミックス(実業之日本社)
関連商品
Amazon 楽天

概要

南けんいちは、漫画家を目指し、赤塚不二夫に弟子入りし、アシスタントとなる。その後、赤塚不二夫、藤子不二雄、つのだじろう、石森章太郎たちの作った会社スタジオゼロへ。厳しくも楽しい漫画家のアシスタント時代を送っていく。

登場人物・キャラクター

南 けんいち

25歳。作者の北見けんいち自身がモデル。漫画家を目指し赤塚不二夫のアシスタントとなる。弟が車のディーラーだったので、下取りされたボロボロのダットサンを持っている。ボロとはいえ、当時、珍しいマイカー持ちだった。満州生まれの東京育ち、その後、東武東上線鶴瀬に両親と住んでいた。

赤塚 不二夫

ギャグ漫画家。当時28歳。色白の美青年だった。実在の漫画家、赤塚不二夫がモデル。

古谷 三敏

赤塚不二夫のアシスタント。後に『ダメおやじ』がヒットする。実在の漫画家、古谷三敏がモデル。

岩田

南けんいちの写真学校時代の同級生。浅草フランス座でストリッパーの撮影をしている。

小島

南けんいちの写真学校時代の同級生。Nスポーツの写真部。

野田 はじめ

スタジオ・ゼロのアシスタント。南けんいちと知り合い、引越しの手伝いを頼む。

竹田

南けんいちより後に入って来たアシスタント。スタッフとなじまず、無口。しかし、無類の女好き。マンガ研究会会員募集の告知を新聞に出し、女子大生に限るなどとナンパをしていた。

赤塚 ノリヒロ

赤塚不二夫の弟。スタジオ・ゼロにアシスタントとして入ってきた。

場所

スタジオ・ゼロ

赤塚不二夫、藤子不二雄、つのだじろう、石森章太郎たちの作った会社。設立時は新中野の木造で、八百屋の2階にあった。トイレは外にあり、汲み取り式。その後、新宿の新築ビルへ移転。いつも明りがついていることから、十二社の不夜城と呼ばれていた。

SHARE
EC
Amazon
logo