新柔侠伝

新柔侠伝

柔道界のエース日向遥は宿敵鳴神紫苑との戦いの中で柳勘一の創始した梁山泊流柔道と出会う。バロン吉元の代表作『柔侠伝』シリーズの第6作。

正式名称
新柔侠伝
作者
ジャンル
柔道
レーベル
SPコミックス(さいとう・プロダクション)
関連商品
Amazon 楽天

概要

シドニーオリンピックを間近に控えた日本。柔道界の若きエース日向遥は、大会で実績を重ねる一方で、宿敵鳴神紫苑から命懸けの戦いを挑まれる。その背後には地下組織梁山泊と暁光グループの争いが潜んでいた。

登場人物・キャラクター

主人公

角刈りの逞しい男性で登場時21歳。身長183㎝体重100kg。城北大学柔道部に在籍し、柔道3段。天性の足腰を活かした柔道はロックンロール柔道と謳われ、決め技は背負い投げロックなど、後に「ロック」をつけ... 関連ページ:日向 遥

日向 穂野夫

日東製鉄の社員。日向遥の次兄。自らも柔道家であり、柔道3段。全日本クラスの実力者だが弟の日向遥にはかなわない。日向遥にとっては世界を目指す同志であり、良き練習相手でもある。

日向 千吉

日東製鉄の社員。日向遥の長兄。東京毎朝新聞の記者。剣道は3段の実力を持つ。新聞社の先輩だった木暮から特ダネがあると持ち掛けられる。

日向 茜

日向遥の母。日向遥はこの母が大好きで、小学生の頃は雨の日に迎えに来てもらうために、わざと傘を忘れるほどだった。本来泣き虫の日向遥の性格を良く知り、ダンスのように柔道を楽しむよう教えた。日向遥が優勝を誓った世界選手権の一ヶ月前に急死する。

鳴神 紫苑

ウェーブのかかった長髪の男性。旧名石堂紫苑。格闘技キリングアーツを主催する真武会で「若師」と呼ばれている。小学校時代から同年の日向遥をねたみ、対抗心を燃やしている。冷酷で残忍な性格。ヒマラヤで電光真空打ちを会得する。

大八州 魅也美

口元にほくろのある長髪の女性。目立つ容姿でトップモデルをつとめている。父は世界的コングロマリット暁光グループのCEO大八州重蔵。鳴神紫苑と付き合いながら、日向遥にも近づく。

大八州 タキ

両側に髪を巻いてまとめた女子。登場時中学3年生。祖母の大八州春とよく行動を共にしている。姉は大八州魅也美と対照的に明るい性格。日向遥を応援するようになる。

大八州 春

おかっぱ頭の老女。90歳を過ぎてなお孫娘と共にフランスに買い物に行ったりパーティーを催したりとかくしゃくとしている。夫は政界の大元老大八州円慈。柔道家日向遥のファンになり、応援に訪れるようになる。

鳴神 道玄

静脈が異様に浮き出た頭の老人。格闘技キリングアーツを主催する真武会の総師。鳴神紫苑を後継者として迎え入れ育てる。政界の大元老大八州円慈と結託し、真武会を裏の実動部隊として動かす。普段はパソコンに囲まれて過ごしている。

戸田 奈津鬼

真ん中にカミナリ型の剃り込みが入った短髪が特徴。登場時20歳。柔道3段で国内では随一の実力を誇る。格闘技キリングアーツを主催する真武会の若師・鳴神紫苑を尊敬し、そのアドバイスを受けて日向遥と対戦する。極貧育ちでハングリー精神には自信を持っている。

マライ・ラダ

長い白髪の不気味な老人。年齢は100歳を超えている。ヒマラヤの山中に住み、いつもマニ車を回している。真空打ちを会得した只一人の能化(教育的指導者)。鳴神紫苑は彼の元を訪ねる。

通草

ショートヘアの女性。倒れていた日向遥を助け、梁山泊のビッグXに引き合わせる。自らも梁山泊流柔道の優れた使い手で、日向遥に実戦を見せる。

ビッグX

長髪でサングラスをかけ、額の左側に星形の傷がある男性。普段は車椅子で過ごしている。日向遥には、自分は賊と戦っていると言い、梁山泊流柔道の神髄を教える。

集団・組織

梁山泊

『新柔侠伝』に登場する組織。(1964年)頃柳勘一によって結成された団体。最初は長野県小諸市の山中に拠点を構えていたが、現在は世界中にちらばった地下組織となっている。暁光グループは最大の敵とみなしている。

SHARE
EC
Amazon
logo