日迎山 文佐衛門

まほマほ(漫画)の登場人物。読みは「ひむかえやま もんざえもん」。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
まほマほ(漫画)
正式名称
日迎山 文佐衛門
ふりがな
ひむかえやま もんざえもん

総合スレッド

日迎山 文佐衛門(まほマほ)の総合スレッド
2016.10.19 13:57

概要

200年生きる猿の妖怪。物部小毬が住む寺に招かれ、そこへ向かっているところを、野性の猿が街に下りてきたと誤解されてまじかる☆ほっぷに魔法で捕獲される。さらに保健所から脱走し小毬に接触したところを、小毬に危害を与えると勘違いしたまじかる☆ほっぷによって手乗りサイズまで小さくされてしまう。その後は小毬の寺で過ごすことになる。

小毬からは「モンちゃん」と呼ばれている。

登場作品

魔女の家系の1人として膨大な魔力を持って生まれた真城寺弾は、その魔力の正しい使う方を覚えるために、母親から魔女っ娘まじかる☆ほっぷになるように命じられる。そして日々、魔力鍛錬のために街の問題事を魔法の...