明智 光秀

忍者武芸帳 影丸伝(漫画)の登場人物。読みは「あけち みつひで」。

  • 明智 光秀
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
忍者武芸帳 影丸伝(漫画)
正式名称
明智 光秀
ふりがな
あけち みつひで

総合スレッド

明智 光秀(忍者武芸帳 影丸伝)の総合スレッド
2016.01.25 12:37

概要

歴史上の実在の人物、明智光秀がモデル。織田家の重臣で影武者を多く従え、顔が似ていることから自分に成り代わろうとした坂上主膳をも影武者として取り込んでいる。明智十人衆と呼ばれる凄腕の忍者たちを抱え、天正3年には蛍火共々影丸暗殺に差し向けたものの、影一族の討伐と引き換えに全滅の憂き目にあった。

同じ策士でありながら織田信長には及ばず、本能寺の変は彼に成り代わった坂上主膳によって起こされている。坂上主膳明智光秀として殺害された後の行方は定かではない。

登場人物・キャラクター

野武士を自称し、各地で起こる農民たちの土一揆を支援して、武士階級打倒の戦いを進める謎の忍者。無風道人から愛州陰流の陰の流れを受け継いだ弟子で、影分身など様々な忍びの術を駆使する。特殊能力を持つ男たちを...

関連キーワード

『忍者武芸帳 影丸伝』の組織。明智光秀配下の選り抜きの忍者集団。大猿、鴉、鉄拳、洞玄など独自の技を持つ強者揃いだったが、蛍火と行動を共にした後、影一族との戦いで全滅している。

登場作品

群雄割拠する戦国時代末期、親の仇坂上主膳を追う結城重太郎は謎の忍者影丸と出会う。虐げられる者のために戦う影丸と影一族は織田信長の天下統一の野望に抗って活躍し、坂上主膳が明智光秀の影武者になったことから...