月ノ明リ神社

溺れるナイフ(漫画)、浮雲町の山のなかにある神社。読みは「つきのあかりじんじゃ」。

  • 月ノ明リ神社
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
溺れるナイフ(漫画)
正式名称
月ノ明リ神社
ふりがな
つきのあかりじんじゃ

総合スレッド

月ノ明リ神社(溺れるナイフ)の総合スレッド
2016.01.25 12:43

概要

この山の神さんは、このあたりの神さんを産んだという、偉い神さんだったがと、ても醜い女性で嫉妬深かった。そのため、山に女性が入ると天災が起こっていた。あるとき若者が、醜女でも月の光の下ならキレイにみえるだろうと、神社を建てたらおとなしくなったという伝説がある。この山の神さんが祀られており、望月夏芽がよくお祈りにいく。

写真集撮影のロケ地としても使われた。喧嘩火付け祭りの1ヶ月前から、この神社のある山は、長谷川家の女性以外は、女人禁制になる。中学3年ころから長谷川航一朗の隠れ家になった。

関連キーワード

東京まで5時間の場所にあるマニアックな観光地。温泉がある。望月夏芽の親が経営する旅館ひねもす屋がある。

登場作品

東京で雑誌モデルをしていた小学6年生の美少女、望月夏芽は、父の故郷である浮雲町に引っ越すこととなる。彼女は、その町で同い年の長谷川航一朗に出会い、強烈に惹かれていく。小学校6年から高校生へと変化してい...