月影 千草

ガラスの仮面(漫画)の登場人物。読みは「つきかげちぐさ」。別称、黒夫人。

  • 月影 千草
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
ガラスの仮面(漫画)
正式名称
月影 千草
ふりがな
つきかげちぐさ
別称
黒夫人

総合スレッド

月影 千草(ガラスの仮面)の総合スレッド
2016.01.25 12:40

概要

かつては大女優だったが、顔をケガして引退。隠居生活をしていたところ北島マヤと出会ったことにより劇団を立ち上げ、自分が上演権を持つ幻の名作「紅天女」の主演女優を育てようとする。北島マヤら劇団員に厳しい演技指導をしているが、心臓病を抱え入退院を繰り返す。

登場人物・キャラクター

貧しい家に育つ。普段は不器用で何の取り柄もないような少女だが、ドラマや映画が異常に好きで、一度見ただけで台詞や動きを覚えるという力があった。ある日月影千草に、その類稀なる演技の才能を見い出され大女優を...

関連キーワード

『ガラスの仮面』に登場する劇団。かつての大女優、月影千草が、幻の名作「紅天女」の主演女優を育てるために設立。北島マヤや青木麗らが所属している。
『ガラスの仮面』に登場する舞台劇。劇作家の尾崎一蓮が書いた、千年からなる梅の木の精が主人公の作品。かつて女優月影千草の主演で上演され、大評判となった。現在は月影千草が上演権を持つ幻の作品で、その権利を...

登場作品

世界観話の舞台は、主に東京で進められていく。演劇が題材のため、稽古のシーンや劇中劇が大部分を占めている。時代設定長期連載のため、作品の小物には出来る限り時代性を出さないようにしている作者だが、単行本4...