月読

八雲立つ(漫画)の登場人物。読みは「つくよみ」。加茂呂とは親族関係にある。

  • 月読
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
八雲立つ(漫画)
正式名称
月読
ふりがな
つくよみ

総合スレッド

月読(八雲立つ)の総合スレッド
2016.01.25 12:37

概要

怨念を生んだ真の素戔嗚加茂呂の双子の兄として生を受けたが、古代の王家で双子は不吉とされたため、神門の山奥に幽閉された。自身が無念のうちに朽ち果てたことに気づかないまま、東出雲との戦闘で傷つき伏した加茂呂を殺害し、素戔嗚を名乗っていた。呪者としての能力が異常なほど高く、念で八岐大蛇や亡霊兵を産み出し、出雲に災厄をもたらした。

モデルは日本神話の神。

登場人物・キャラクター

出雲の英雄に与えられる名素戔嗚を自ら名乗り、西出雲の王となった神門の郷の首長。武力ですべての勢力を圧し、自らの国を造る野望を持っていた。だが、東出雲の己貴に破れて深手を負ったあと、双子の兄月読に殺害さ...

登場作品

演劇「八雲立つ」の舞台構想を練るための取材に同行した大学生七地健生は、取材先の道返神社で、素戔嗚の怨念昇華を悲願として生きる巫覡布椎闇己と出会う。だが、悲願の達成には、闇己を補助する巫覡と、力の増幅器...