本多大佐

本多大佐

アドルフに告ぐ(漫画)の登場人物。読みは「ほんだたいさ」。

登場作品
アドルフに告ぐ(漫画)
正式名称
本多大佐
ふりがな
ほんだたいさ
関連商品
Amazon 楽天

概要

特高(特別高等警察)の大佐。満州建国の右翼の黒幕、加味又造のもとで働き、憲兵隊に入る。由季江と旧知の仲で、彼女がヴォルフガング・カウフマンと結婚する以前から、思いを寄せており、未亡人となった彼女が峠草平に惹かれているのを苦々しく思っている。息子がスパイだと知ると、彼を射殺し、自殺として報告する。

敗戦を知ると由季江に最後のお別れをした後、割腹自殺した。

関連人物・キャラクター

由季江

ドイツ総領事館につとめるドイツ人、ヴォルフガング・カウフマンの妻。夫に秘密があることをしり、探るうちに芸者絹子の殺人を知ってしまう。後、未亡人となって、偶然出会った峠草平に心惹かれるようになる。特高(... 関連ページ:由季江

登場作品

アドルフに告ぐ

ベルリンオリンピックに記者として派遣された峠草平は、ドイツ留学中の弟を何者かに殺され、その存在の証拠すら消されてしまったことに不審を抱く。探るうち、弟がナチスの秘密をつかんでいたことを知る。帰国した彼... 関連ページ:アドルフに告ぐ

SHARE
EC
Amazon
logo