本多 弥三郎 正信

本多 弥三郎 正信

影武者徳川家康(漫画)の登場人物。読みは「ほんだ やさぶろう まさのぶ」。

登場作品
影武者徳川家康(漫画)
正式名称
本多 弥三郎 正信
ふりがな
ほんだ やさぶろう まさのぶ
関連商品
Amazon 楽天

概要

若きころより徳川家康に仕え重用されていたが、家康が一向衆に弾圧を加えたことにより、自身の信仰を守るため徳川家を離れ、一向一揆に身を投じた。そこで家康に瓜二つの世良田二郎三郎元信と出会い、いつの日か徳川家に帰参した際には二郎三郎を影武者にできればと考える。

そうした願望とは別に二郎三郎の人間性に触れ、確かな友情を育み、ともに各地を転戦。伊勢長島の戦いで重傷を負った二郎三郎の命を救う。その後、伊賀に隠れ住むが、本能寺の変で織田信長が倒れたのち、京から逃れようとする家康のもとに馳せ参じ徳川家帰参を果たした。のちにかねてよりの願望であった家康の影武者として二郎三郎を推挙する。


関ヶ原の戦いでは徳川秀忠のお目付役として徳川軍別働隊に随行。結果として決戦に間に合わず、戦後遅参したところ二郎三郎から関ヶ原の戦いで家康が暗殺されたこと、家康の遺言で二郎三郎が家康として振る舞うようになったことを知らされる。

一度は切腹を決意した正信だったが、二郎三郎から「家康の夢だった戦のない世の中の実現に協力してもらいたい」と乞われ、徳川家の天下を盤石にすべく奔走するように。同時に陰湿で残酷な本性を見せるようになった秀忠の野望を妨害するために、さまざまな策を講じる。同時代の実在人物・本多弥三郎正信がモデルになっている。

登場作品

影武者徳川家康

時は戦国時代末期。もともとは身分の上下を気にしないことが信条の道々の者だった主人公の世良田二郎三郎元信は、その鉄砲の腕を買われて一向一揆に加わっていた。そこで二郎三郎が出会ったのが元徳川家家臣の本多弥... 関連ページ:影武者徳川家康

SHARE
EC
Amazon
logo