東京怪童

東京怪童

嘘がつけない障がいを持つ青年ハシを中心に、生き辛さを抱えた人々が交錯する様子をシュールに描いた作品。本作から、作者・望月峯太郎はペンネームを望月ミネタロウに改名している。

正式名称
東京怪童
作者
ジャンル
ダークファンタジー
レーベル
モーニング KC(講談社)
関連商品
Amazon 楽天

概要

脳に問題を持った青少年達が入所するクリスチャニア医院。ここには嘘がつけないため周囲と軋轢を起こす青年ハシ、人前でも突然性的オーガズムを発する、スーパーパワーを持っていると思い込んでいる英雄、人間を認識しないマリらが入所している。分かり合えない辛さをぶつけ合うハシは、密かに漫画を描いていた。

そのタイトルは『東京怪童』。ある日、彼らを担当する若き精神科医・玉木が妻子を残して失踪する。

登場人物・キャラクター

19歳の青年。髪全体を伸ばし、時々左目をのぞかせる。脳に問題を持った青少年達が入所するクリスチャニア医院の入院患者。事故によって脳に障がいを負い、思った事を何でも口にしてしまう。このため周囲とのトラブ... 関連ページ:ハシ

21歳の女性。ボブヘアーで、いつもミニスカートやホットパンツなど、足を露出させた格好をしている。脳に問題を持った青少年達が入所するクリスチャニア医院の入院患者。先天性の脳の疾患のため、時や場所を選べず... 関連ページ:山田 花

脳に問題を持った青少年達が入所するクリスチャニア医院に勤務する若い精神科医。長髪で整った顔をしている。ハシ、花、英雄、マリ達の主治医。著書を出し、セミナーの講師を務めるなど広告塔の役割も果たしている。... 関連ページ:玉木 健一郎

10歳の少年。縮れ毛でアフロヘアーのような髪型。ジャージ姿でマントをつけている。スーパーマンのような恰好をすることもある。脳に問題を持った青少年達が入所するクリスチャニア医院の入院患者。脳の疾患のため... 関連ページ:シュチュワート 英雄

6歳の少女。長い髪を後ろで結び、ヘアピンでひっつめにしている。丸眼鏡と1本抜けた前歯が特徴。表情はいつも笑顔。脳に問題を持った青少年達が入所するクリスチャニア医院の入院患者。人を認識できない疾患があり... 関連ページ:マリ

サングラスに口髭(付け髭と思われる)を生やした25歳の男性。背中に「SCURITY」と書かれたシャツ、半ズボン、ハイソックスという服装が定番。脳に問題を持った青少年達が入所するクリスチャニア医院の警備... 関連ページ:二本木

髪を8:2に分けた男性。脳に問題を持った青少年達が入所するクリスチャニア医院の院長。青年医師の玉木を広告塔に使って資金を集めようとしている。ハシに疾患の原因となっている異物を取り除く手術を受けるよう勧... 関連ページ:院長

細面の青年。縮れた髪で眼鏡をかけている。脳に問題を持った青少年達が入所するクリスチャニア医院の入院患者で、「健忘症」と呼ばれている。数十分前の事を覚えていられない前向性健忘を患っている。このため、日常... 関連ページ:健忘症

おかっぱ頭の女性。濃い口紅を塗り、色眼鏡をかけている。脳に問題を持った青少年達が入所するクリスチャニア医院の看護師。腰に手をあてたポーズでいることが多い。さばさばとした物言いでハシや花達入院患者と対し... 関連ページ:看護師

脳に問題を持った青少年達が入所するクリスチャニア医院の医師。明らかにカツラをつけているが認めようとしない。ハシから「毛帽子」と呼ばれている。 関連ページ:毛帽子

ハシの母親。面会のためクリスチャニア医院を訪れるが、突然ハンドバッグをハシに投げつける。案内した花をハシのガールフレンドと勘違いするなど、思い込みが強い。 関連ページ:ハシの母

場所

クリスチャニア医院

脳に問題を持った青少年達が入所する病院。ハシ、花、英雄、マリ達が入院している。世界最高水準を謳うが経営は厳しいらしく、医師の玉木が広告塔として資金集めをしている。近隣に糸杉の生えた草むらがある。 関連ページ:クリスチャニア医院

その他キーワード

東京怪童

ハシが密かにスケッチブックに描いていた漫画のタイトル。その中では自らと同じ名前を持つ少年「ハシ」が、交通事故で亡くなった後に怪物の姿で蘇り苦しむ様子が描かれ、劇中劇として数回掲載されている。入院患者の... 関連ページ:東京怪童

SHARE
EC
Amazon
logo