松沼 純生

軽井沢シンドローム(漫画)の登場人物。読みは「まつぬま すみお」。別称、純生。松沼薫とは親族関係にある。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
軽井沢シンドローム(漫画)
正式名称
松沼 純生
ふりがな
まつぬま すみお
別称
純生

総合スレッド

松沼 純生(軽井沢シンドローム)の総合スレッド
2016.01.25 12:35

概要

松沼薫の弟で、遠縁に当たる相沢耕平とは幼い頃から一緒に育ち、大学、就職先とも同じというくされ縁。小柄かつ優柔不断な性格でモテないが、案外気が多く、フラれて落ち込んでは次の誰かに恋している。ただし本命は軽井沢に来て最初にフラれた津野田絵里。二流のイラストレーターだが作品終盤で実力が認められ、銀座の画廊に絵を置かせてほしいという話が舞い込む。

登場人物・キャラクター

女性のヌードを専門に撮るフリーのカメラマン。掴みどころのない飄々とした性格ながらも義理人情に厚く、事あるごとに周囲の人間から頼られる。無類の女好きの上によくモテて、本命の恋人である薫の他にも数多の女性...
軽井沢の民芸屋うっでぃの一人娘。仕事も店の手伝いもせず、隣にある喫茶店ら・くかで暇つぶししていることが多い。相沢耕平に片思いしているが、叶わぬ恋と知っているため、好きな人を次々と変えていく優柔不断な処...
相沢耕平の恋人で、松沼純生の姉。軽井沢にあるT美大の研究所に勤め、収入の少ない純生や耕平を支えるしっかり者。メガネがトレードマークの美人で、耕平によると「そこらのモデルよりいい体している」プロポーショ...

関連キーワード

松沼薫の父親が所有する軽井沢の別荘。当初は薫が一人で住んでいたが、相沢耕平と松沼純生が居候として転がり込んだのをきっかけに、多くの登場人物が訪れるように。蓑輪みるくの下宿先で、耕平の愛人である久野縁や...

登場作品

アメリカに渡ることを夢見るフリーカメラマン相沢耕平と、その幼馴染でイラストレーターを志す松沼純生は、東京で食いっぱぐれ、純生の姉薫の住む軽井沢の別荘に転がりこむ。幼くして両親を亡くした耕平は、遠縁の松...